【受賞】工学研究院・池田教授が日本機械学会から賞を受賞しました



 広島大学大学院工学研究院機械システム・応用力学部門の池田隆教授が、一般社団法人日本機械学会機械力学・計測制御部門から部門賞(学術業績賞)を受賞しました。

 池田教授は、機械システムの非線形振動に関する分野で顕著な業績を挙げられました。

特に機械・建築構造物の制振装置に関し、液面スロッシングを利用した同調液体ダンパーの研究では、流体力の非線形性を考慮に入れた高精度の理論解析により、その制振性能を厳密に評価するとともに、流体力の非線形性に起因する新たな振動現象を明らかにされました。

【この記事に関する問い合わせ先】

大学院工学研究院 機械システム・応用力学部門

教授 池田 隆

TEL:082-424-7573


up