台湾国立中央大学(NCU)とドクターコースの「ダブルディグリー・プログラム」協定を締結しました



 広島大学大学院工学研究科と台湾の国立中央大学(NCU:National Central University)は、ドクターコース(博士課程後期)の「ダブルディグリー・プログラム」協定を締結しました。

 2013年1月21日、台湾の国立中央大学において調印式を執り行い、本研究科の吉田 総仁研究科長とNCUの陳 志臣工学院長が協定書に署名し、固い握手をかわしました。

 今後、ダブルディグリー・プログラムによる国際的に活躍できる人材育成が期待されます。

NCU陳工学院長と広島大学吉田研究院長記念撮影

陳工学院長(写真左)と吉田研究科長(写真右)                        出席者での記念撮影     

【この記事に関するお問い合わせ】

広島大学 大学院工学研究科

国際事業担当(担当:野地)

電話: 082-424-3503


up