海外インターンシップ教育事業の派遣学生による最終報告会を開催しました



 2013年3月1日(金)、工学研究科において平成24年度海外インターンシップ教育事業により派遣した学生の最終報告会を開催しました。

 会場には学内外から関係者をお招きし、ECBO(Engineers to Cross Borders)プログラム派遣学生を受け入れていただいた企業から、ツネイシビジネスサービス株式会社の中井 利文様、五洋建設株式会社の田口 智様、復建調査設計株式会社の宮川 一始様、來山 尚義様に出席いただき、延べ50名もの方が来場されました。

 報告会では、ECBO派遣学生6名、海外共同研究派遣学生9名の計15名が研修先での体験や研修成果を発表し、活発な質疑・応答が行われました。その後、吉田工学研究科長から総括とともに、修了証書が授与されました。

 平成24年度は、昨年度に続き日本学生支援機構(JASSO)の留学生交流支援制度に採択され、より充実した体制で海外派遣を行うことができました。



派遣学生による発表の様子

派遣学生による発表
吉田研究科長による修了証書の授与

吉田研究科長による

修了証書の授与

終了後の記念撮影

報告会後の集合写真

【この記事に関するお問い合わせ】

広島大学 大学院工学研究科

国際事業担当(担当:須納瀬)

電話: 082-424-4361


up