[研究成果]世界初の伸縮型緊急仮橋「モバイルブリッジ」の公開実験等を行いました



モバイルブリッジ公開実験の様子

モバイルブリッジ公開実験の様子

平成25年4月25日(木)、広島大学大学院工学研究院の有尾一郎助教らは、緊急展開仮橋(モバイルブリッジ)実機の開発説明会および公開実験を福山市で実施しました。

「モバイルブリッジ」は、迅速な災害復旧を実現するため、一般社団法人日本建設機械施工協会施工技術総合研究所、星軽金属工業株式会社、株式会社アカシン、三協立山株式会社三協マテリアル社と産学共同開発されたもので、このたび災害現場を想定した、油圧システムを装備した実験橋を完成させました。

従来の橋とは異なり、主要な構造部材をX形で連鎖させた構造とすることにより、橋の伸縮機能と強度を確保した新しいタイプの橋です。橋としては世界初の構造体で、橋と走行路が連動して展開します。全長は約20メートルで、小型車両の通行が可能です。

架橋に必要な作業員は2名程度でかかる時間は約10~15分程度、片岸からの作業のみで架橋が完了するため、一刻を争う災害時の緊急経路をいち早く確保できます。また、橋の大部分にアルミ合金を使用することにより、軽量化を図りました。

今後は実用化に向けて更に実験・改良を重ねていきます。

折りたたみ時のモバイルブリッジ 架橋した状態。全長約20mあります。
橋本体の引き起し中 架橋した状態。全長約20mあります。
有尾助教 開発に携わった関係者のみなさん
被災時に孤立した地域を作らないよう、実用化に向けて検証を

重ねていくという有尾助教。
開発に携わった関係者のみなさん

【お問い合わせ先】

(研究に関すること)

広島大学大学院工学研究院社会環境空間部門

助教 有尾一郎

TEL:082-424-7792

Mail:mario*hiroshima-u.ac.jp

HP:http://home.hiroshima-u.ac.jp/bridge2/

(記事に関すること)

広島大学広報グループ

TEL:082-424-4518

Mail:koho*office.hiroshima-u.ac.jp


up