【受賞】金指准教授、金田一助教が「工学研究科・工学部教育顕彰」を受賞しました

広島大学大学院工学研究科・工学部教育顕彰は、教育の新しい試みと創意に対し顕彰を行い、工学教育の活性化及び充実・発展を図ることを目的としています。

平成29年度は、化学工学専攻 金指 正言准教授、社会基盤環境工学専攻 金田一 智規助教に授与されることとなり、平成29年11月16日(木)、工学研究科大会議室において授与式が行われました。

顕彰されることとなった業績は次のとおりです。

・化学工学プログラミングにおけるテキスト作成とアクティブラーニングの実践

 化学工学専攻 准教授 金指 正言

金指 正言准教授

・「社会基盤環境デザイン」において有機性廃棄物処理バイオプラントの設計を実施する上での教材の工夫

 社会基盤環境工学専攻 助教 金田一 智規

金田一 智規准教授

河原研究科長から顕彰状が手渡されました。

 

受賞者らの記念撮影

受賞者らの記念撮影

 

化学工学専攻のページへ

社会基盤環境工学専攻のページへ

 

 

【この記事に関するお問い合わせ先】
 広島大学工学研究科支援室 人事担当(担当:須納瀬)
 電話:082-424-7509


up