【受賞】建築学専攻の森元さんが 2017年日本建築仕上学会大会学術講演会 学生研究発表報告優秀賞を受賞しました

広島大学大学院工学研究科 建築学専攻 博士課程前期2年の森元 悠太さんが,2017年日本建築仕上学会大会学術講演会 学生研究発表報告優秀賞を受賞しました。
同賞は,日本建築仕上学会主催の「2017年日本建築仕上学会大会学術講演会」において「収縮低減剤が外壁温度の日変動を受ける左官モルタルの温度ひずみに及ぼす影響」の題目で発表し,審査の結果,優秀な発表と認められたため授与されました。
(受賞日:2018年1月9日)

 

 

【この記事に関するお問合せ先】
 広島大学大学院工学研究科 建築学専攻(建築材料学研究室)
 教授  大久保 孝昭
 TEL:082-424-7801

【建築学専攻のページへ】

【受賞者一覧のページへ】


up