広島大学「コベルコ建機夢源力共創研究所」を設置しました

広島大学とコベルコ建機株式会社は、「コベルコ建機夢源力共創研究所」を本学工学研究科に開設し、4月18日(水)開所式を行ないました。

本学とコベルコ建機は、2015年に共同研究講座を設置し、2016年には先端研究および人材育成などを共同で進めるための包括的研究協力協定を締結しており、今回、研究所を学内に設置しました。

本学は、2018年4月に「民間企業等外部機関の研究所制度」を創設し、その第一号となります。研究所の所長には、工学研究科の山本透教授が就任しました。

テープカットの様子
(左から、広島市経済観光局 日高洋局長、広島県 中下善昭副知事、山本透教授(コベルコ建機夢源力共創研究所所長)、越智光夫学長、コベルコ建機株式会社 楢木一秀社長、同社 岩満裕明取締役常務執行役員、東広島市 高垣広徳市長)

開所式には、来賓として広島県副知事、東広島市長、広島市経済観光局長にご出席いただき、テープカットを行いました。

式で、越智光夫学長は、「広島大学が新たに設けた“民間企業等外部機関の研究所制度”は、民間企業など外部機関と共に広島大学内に共同研究組織を設置し、『組織』対『組織』の連携のもとで、新たな価値共創型の共同研究及び人材育成の推進を図り、社会貢献を推進することを目的とするものです。本研究所から、新たなイノベーションが生まれることを期待しています」と展望を語りました。

また、コベルコ建機株式会社の楢木一秀社長は「広島大学に研究所を設置することにより、高齢化に伴う労働者人口減、また安全を含めた労働者や周辺環境保全といった課題に加え、多岐にわたる研究を互いに情報共有や連携をとりながら進めていきます。我々がここから獲得する研究成果は、現在の、そして未来の社会課題に貢献していけるものと確信しております」と抱負を述べました。

越智光夫学長

コベルコ建機株式会社代表取締役社長 楢木一秀氏

今後は、先端技術で油圧ショベル、クレーンなどの建設機械における課題解決とともに、次世代の新たな価値創出につながる技術開発を目指して組織的な産学連携活動を通して研究を行います。また、学生に対する奨学金制度も新たに設け、人材育成も図っていきます。

【お問い合わせ先】
広島大学社会産学連携グループ(担当:湊)

TEL:082-424-5652
FAX:082-424-6189
E-mail:syakai-renkei*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up