【受賞】情報工学専攻修了生の鄭さんほか3名が IEEE Reliability Society Japan Joint Chapter 2017 Best Paper Awardを受賞しました

広島大学大学院工学研究科 情報工学専攻 博士課程後期修了生 鄭 俊俊さん(2016年3月修了)、広島大学大学院工学研究科 情報工学専攻 岡村 寛之教授、広島大学大学院工学研究科 情報工学専攻 博士課程前期修了生 李 霖さん(2016年3月修了)、広島大学大学院工学研究科 情報工学専攻 土肥 正教授が、IEEE Reliability Society Japan Joint Chapter 2017 Best Paper Awardを受賞しました。
同賞は、2017年に IEEE Transactions on Reliability (vol.66, pp 1157-1177) に掲載された論文「A comprehensive evaluation of software rejuvenation policies for transaction systems with Markovian arrivals, IEEE Transactions on Reliability」が特に優秀な論文と認められたため、授与されました。
(受賞日:2018年6月16日)

 

 

【この記事に関するお問い合わせ先】
広島大学大学院工学研究科 情報工学専攻(ディペンダブルシステム論研究室)
教授  岡村 寛之
TEL:082-424-7697

【情報工学専攻のページへ】

【受賞者一覧のページへ】


up