広島大学の教員らがマツダ研究助成に採択されました

記念写真

公益財団法人マツダ財団が、優れた研究に対して助成する「マツダ研究助成」2019年度受賞者に、大学院理学研究科・平尾 岳大 助教、大学院工学研究科・宇敷 育男 助教、大学院教育学研究科・川田 和男 准教授の3名が採択されました。
2019年10月1日、マツダ財団の小飼 雅道 理事長が東広島キャンパスに来学され、工学研究科長室にて贈呈式が執り行われました。

採択された研究課題は次のとおりです。(申請順)
 

○大学院理学研究科 助教 平尾 岳大

研究題目:「かたち」の自在変換可能な新しい外部刺激応答性ポリマー の合成

○大学院工学研究科 助教 宇敷 育男

研究題目:超臨界流体法によるイオン液体含浸メソポーラスシリカの創製とCCUSへの展開

○大学院教育学研究科 准教授 川田 和男

研究題目:小学生を対象とした社会の問題発見・解決に対応できるモデルベース開発的思考教育の開発

 

公益財団法人マツダ財団 小飼 理事長の挨拶

大学院理学研究科 平尾 岳大 助教

大学院工学研究科 宇敷 育男 助教

大学院教育学研究科 川田 和男 准教授

 

【この記事に関するお問い合わせ先】
広島大学大学院工学研究科支援室 総務担当
TEL:082-424-7504
E-mail:kou-bucho-soumu*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up