• ホームHome
  • 工学部
  • 工学部の山本匠真さん、世界リレー男子400メートル決勝で力走。日本4位!

工学部の山本匠真さん、世界リレー男子400メートル決勝で力走。日本4位!

山本さんの練習風景

体育会陸上競技部で工学部生の山本匠真さんは、55日、バハマの首都ナッソーで開かれたナッソー2024世界リレーの男子400メートルリレー(4×100メートル)決勝に、日本代表の第一走者として力走しました。日本は、持ち味のバトンパスの技術を生かし、フランスやイギリスなどと競り合い、3845のタイムで4位でフィニッシュ。2大会連続のメダルは逃したものの、3位のフランスにわずか0.01秒差と健闘しました。

山本さんは、ロボット工学がお気に入りの工学部第二類の4年生ですが、昨年9月の第92回日本学生対校選手権の男子100メートルで、自己ベストの1033をマークし、本学初の3位に入賞。日頃から本番を最高のコンデションで臨めるよう、自身の状態を把握しながらトレーニングされ、4月の出雲陸上競技大会でも上位に入り、初めて日本代表に選出されていました。

近々、発行予定の広報誌HU-Plus5月号で、山本さんを紹介していますので、ぜひ、ご覧ください。男子400メートルリレーは、既にパリ五輪の出場権を獲得しており、今後の山本さんの活躍はもちろん、本学の体育会陸上競技部にも注目していきましょう。

 

【お問い合わせ先】

広島大学広報室

E-mail:koho*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up