輸送システムプログラムを担当する研究室・教員

以下では,当プログラムを主に担当する教員 (研究室) の研究テーマを紹介しています。
 

構造システム

巨大構造物からミクロ材料挙動の機能性と安全性評価

 田中 義和 (准教授)
 洋上風力発電の浮体構造・機械振動による環境発電・構造材料の強度・非破壊検査に関する研究

 田中 智行 (准教授)
 固体/構造物の力学挙動に対する数値解析手法の研究
 

輸送・環境システム流体

システムデザインのための Fluid Engineer の養成

 土井 康明 (教授)
 輸送機器の流れの解析,閉鎖性海域の利用技術

 陸田 秀実 (准教授)
 海洋・風力・振動エネルギーによる発電技術,大気海洋環境の予測技術,輸送機器周りの流体解析技術

 中島 卓司 (助教)
 風洞/水槽試験と数値解析を用いた自動車や船舶に関する応用空気力学
 

海上輸送システム

環境に優しい電気推進船「桜島丸」の開発

 安川 宏紀 (教授)
 環境に優しい海上輸送機器の開発と海上輸送システムの効率化

 田中 進 (准教授)
 輸送機器の操縦・制御技術及びエネルギー輸送チェーンの開発

 佐野 将昭 (助教)
 水槽試験・数値計算に基づく船舶の運動性能推定に関する研究
 

構造創生

最適設計: 最も良い設計を追求する

 北村 充 (教授)
 輸送機器 (船舶・航空機等) の構造解析と最適設計

 竹澤 晃弘 (准教授)
 最適な形 (たとえば軽くて強い構造や材料) をコンピュータで作り出す研究
 

輸送システム計画学

人と技術と環境のかかわりを科学する

 濱田 邦裕 (教授)
 輸送システムの計画・設計・製造技術

 平田 法隆 (助教)
 輸送機器の運動計測および解析技術の開発
 

システム安全

自然観察を重視した教育,実用化を目指した研究

 新宅 英司 (准教授)
 力学量センサ及び計測システム,輸送機器システムの制御・保全に関する研究

 藤本 由紀夫 (特任教授)
 圧電応用センサの開発
 

航空輸送・海洋システム

新しい海洋空間利用技術,解析技術をリードする研究室

 岩下 英嗣 (教授)
 風車工学・特殊航空機の耐空性能・船舶の耐航耐波性能等に関する研究

 作野 裕司 (准教授)
 衛星・気球・ドローン等を使った環境評価・予測のためのリモートセンシング研究

 谷口 直和 (助教)
 
 

地球流体システム

音波による沿岸環境の革新的モニタリング

 荒井 正純 (助教)
 海洋における諸過程の機構の数値的研究
 

海洋開発工学 (国際研)

環境シミュレータで学ぶ,地球環境 & 国際環境協力

 肥後 靖 (教授)
 海洋開発における計測技術,海洋構造物の免震性
 

沿岸災害・エネルギー技術 (国際研)

防災科学と自然エネルギーによる強靭で持続可能な社会を

 李 漢洙 (准教授)
 海岸工学,沿岸域における防災・減災,海面上昇評価予測,台風気候学,大気・海洋相互作用
 


up