企業他の皆さまへ

ごあいさつ

広島大学大学院国際協力研究科は、「国際環境協力」、「国際教育協力」、「国際平和協力」の3つの教育研究の柱をかかげ、途上国の諸課題に対応できる人材の育成を目指して、2005年度より実践的・学際的な教育プログラム「i-ECBO」 を整備しました。この教育プログラムは、1〜6ヶ月間途上国の現場で研修を行う海外インターンシップを中心として、各々半年間の事前研修と事後研修を行うサンドイッチ教育です。また、2007年度にはi-ECBO プログラムの発展と全学大学院への拡充を目指し、グローバルインターンシップ(G.ecbo) 推進拠点を形成しました。 
受け入れ機関との交渉や危機管理体制など、全学レベルで対処すべき機能をG.ecbo プログラム拠点に集積させて、効率的で体系的な大学院教育プログラムの構築を試みます。また、受け入れ先となっていただく企業、国際機関等がお持ちの研究課題と大学の人材分野とのマッチングを行うことにより、持続的な教育プログラムへと進展させてゆきたいと考えております。 
G.ecbo プログラムを修了した学生たちが、世界中の国や地域で研究者および高度専門職業人としてリーダーシップを発揮して活躍することを目指します。国際社会の第一線で活躍する多くの企業や機関の方々におかれましては、本教育プログラムの趣旨をご理解いただき、インターン学生を受入れていただけますよう、倍旧のご厚情を賜りたく、切にお願い申し上げます。 

G.ecbo プログラム運営委員長 マハラジャン ケシャブ ラル

 

海外・国内インターンシップについて

当プログラムの趣旨に賛同いただき、インターンシップ学生を受入れてくださる企業・機関を随時募集しております。

  • 内 容 
    一定の責任を持って事業の業務補助及び研究を遂行.業務補助の内容や研究課題は受入機関とインターン学生のニーズが合うように事前に調整
  • 受入学生の条件 
    受入機関の提示する専門分野・語学能力に応じてインターン学生を募集・派遣
  • 研修場所 
    国際協力・開発等に携わる企業・機関・研究所の現場事務所及び事業現場等
  • 期 間 
    1ヶ月〜3ヶ月程度
  • 費 用 
    原則として、渡航費・宿泊費は広島大学またはインターン学生負担 
    (可能であれば、宿泊費や現地交通費等の補助を受入機関にお願いしたいと思います.)

※ 国内インターンシップは現在行なっておりません。

 

 

 

 

インターン派遣・受入の事務手続きの流れ


up