ひらめき☆ときめきサイエンス「生育不良になった植物の栄養診断をしてみよう!」を開催しました

広島大学では、2017年9月3日(日)にひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI「生育不良になった植物の栄養診断をしてみよう!」を開催しました。

このイベントは、(独)日本学術振興会の研究成果の社会還元・普及事業の一つとして、広島大学大学院生物圏科学研究科の上田 晃弘准教授が講師を務め、今年度が初めての開催でした。

午前中、植物が健全に育つための必須元素や逆に植物の生育を悪くする有害元素の種類を学習し、講義終了後、4~5人のグループに分かれて必須元素や有害元素の過不足条件下で育てられたイネの症状を観察しました。

午後からは観察したイネの葉を使って元素分析を行い、午前中の観察結果との比較を行いました。グループ毎のディスカッション・プレゼンテーションの後、参加者一人一人に「修了証書」(未来博士号)を授与しました。

修了式では上田准教授が「今日の参加者の中から未来の科学者が誕生することを願っています。また広島大学で会いましょう」とあいさつをし、終了しました。

高校生とその保護者を合わせて計21人が参加し、プログラムを通して普段体験できない大学の研究内容に触れ、参加者は興味・関心を抱いていました。

イネの観察を行う参加者

イネの観察を行う参加者

イネの葉から元素を抽出・分析

イネの葉から元素を抽出・分析

参加者の集合写真

参加者の集合写真

【お問い合わせ先】
広島大学大学院生物圏科学研究科 上田 晃弘准教授

TEL:082-424-7963
E-mail:akiueda*hiroshima-u.ac.jp (注:*は半角@に置き換えてください)


up