• ホームHome
  • 学長ルーム
  • 広島大学森戸高等教育学院3+1プログラム第1期生(3年次生)の修了証書授与式を開催しました

広島大学森戸高等教育学院3+1プログラム第1期生(3年次生)の修了証書授与式を開催しました

平成29年8月23日(水)、広島大学森戸高等教育学院3+1プログラム(※)の修了証書授与式を行い、第1期生のうちの3年次生2名に、越智光夫学長から修了証書を授与しました。

このプログラムは、平成28年10月に開始した新たな留学生受け入れプログラムで、すでに6月に、第1期生4年次生24名を送り出したところです。

このたびの修了生は、天津外国語大学3年生の路田雨(ろ・でんう)さんと劉建敏(りゅう・けんびん)さん。
代表の路さんは答辞で、周囲のサポートへの感謝、コミュニケーションの大切さ、被爆地を訪れて感じたことなど、11ヶ月の留学生活を振り返るとともに、今後の抱負を述べました。

越智学長からは、労いとエールが送られ、指導教員等の関係者が見守る中、授与式は幕を閉じました。

※中国をはじめとする海外の大学で、3年次または2年次までの課程を修了した学生を特別聴講学生として本学に受け入れ、専門教育や派遣元大学に提出する卒業論文の指導などの教育を行う新たな取り組みです。
プログラム修了後は、外国人研究生を経て、本学の大学院へ進学してもらうことも想定しています。そのための環境も整備しています。
プログラムの名称は、「自由で平和な一つの大学」を建学の精神に掲げた森戸辰男初代学長に由来しています。

【お問い合わせ先】
広島大学国際交流グループ

TEL:082-424-6184
E-mail: kokusai-senmon*office.hiroshima-u.ac.jp
(*は半角@に置き換えた上、送信してください)


up