学長プロフィール・略歴

第12代広島大学学長 越智 光夫

プロフィール

1952年8月6日生まれ。

愛媛県今治市出身

専門は膝関節外科。

広島大学医学部卒業後、整形外科に入局し手の外科の世界的な権威、津下健哉教授に指導を受ける。1983年からヨーロッパに留学。43歳で島根医科大学教授に就任した。2002年に広島大学大学院医歯薬学総合研究科教授に就任。膝軟骨損傷の患者から採取した細胞を培養し、患部に移植する三次元自家培養軟骨移植を開発した。この治療法は2013年4月、日本発の再生医療で初めて保険適用になった。こうした功績により2004年に内閣府の産学官連携功労者表彰「日本学術会議会長賞」、2010年に文部科学大臣表彰「科学技術賞」、2014年に産学官連携功労者表彰「厚生労働大臣賞」を受賞。カープやサン フレッチェの選手の治療やけが予防にも取り組む。2012年には中国文化賞を受賞。2015年には「自家培養軟骨の開発」の研究成果が評価され、紫綬褒章を受章した。

略歴

昭和52年3月 広島大学医学部卒業

同年5月 広島大学医学部附属病院 医員(研修医)

昭和59年10月 医学博士(広島大学)

昭和60年4月 広島大学医学部附属病院 助手

平成3年4月 広島大学医学部附属病院 講師

平成6年4月 広島大学医学部 助教授

平成7年9月 島根医科大学医学部 教授(平成14年3月31日まで)

平成13年4月 島根医科大学地域医学共同研究センター長(初代)

平成14年4月 広島大学大学院医歯薬学総合研究科 教授

平成16年4月 広島大学病院副病院長

平成18年1月 University of Perugia Visiting Professor

同年3月 広島大学病院がん治療センター長(併任)(平成19年3月31日まで)

平成19年4月 広島大学病院長(平成23年3月31日まで)

平成20年4月 広島大学理事(医療担当)(平成23年4月30日まで)

平成21年5月 Thorndike Visiting Professor, Massachusetts General Hospital, Department of Orthopedic Surgery, Harvard Medical School

平成22年6月 University of Ioannina Visiting Professor

平成23年5月 広島大学理事・副学長(医療担当)(平成24年3月31日まで)

平成24年4月 広島大学大学院医歯薬保健学研究院 教授
                 広島大学学長特命補佐(北口開発担当)

平成25年7月 University of California, Irvine School of medicine Visiting Professor

同年9月 広島大学病院スポーツ医科学センター長(併任)(平成27年3月31日まで)

平成26年3月 Hasanuddin University, Visiting Professor(平成28年3月まで)

平成27年4月 国立大学法人広島大学長


up