ネーミングライツ事業

広島大学は2020年4月に教育研究環境の向上や施設の有効活用を目的に、ネーミングライツ(命名権)事業制度を導入しました。
本学が所有する施設等のネーミングライツの趣旨にご賛同いただける法人等を募集しています。

命名権者

命名権者は、本学との契約により、本学が所有する施設、スペース、その他の財産(以下、「施設等」という。)に事業者等の名称、商標名、ロゴ・シンボルマークまたは愛称(以下、「別称等」という)を設定できます。また、本学施設等及び本学構内に別称等の表示サイン、看板等を設置できます。これにより、企業活動の広報のみならず、様々な連携や協力関係構築へと結びつき、認知度向上等が期待されます。

ご応募をお待ちしています。

ネーミングライツ事業の種類について

ネーミングライツの種類について、次の2種類を2020年12月21日に設定しました。

  • 大学公募型:本学が選定した施設等について、命名権者を募集するもの。
  • 事業者提案型:事業者等が命名権取得を希望する施設等を撰んだ上で、本学に提案するもの。

募集中の施設等

命名権者募集中の施設等に関する情報はこちらです。

大学公募型(本学が施設等を選定)

現在募集中の施設等はありません。

事業者提案型(事業者等が施設等を選定)

随時、命名権者を募集しています。ご提案を受け付けています。

決定方法

「事業者提案型」を含め、命名権者及び別称等の付与、対象施設、命名権料、期間などは、本学で審査の上、決定します。

お問い合わせ窓口
広島大学財務・総務室広報部広報グループ

住所:〒739-8511 広島県東広島市鏡山1-3-2
TEL : 082-424-6013
E-mail:koho-gl*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください。)


up