リスクマネジメント強化と運用

広島大学では、産学官連携を進める上で生じうる利益相反や技術流出等に伴うリスクを防止するとともに、社会への説明責任を果たすために、実効的かつ効果的にマネジメントできる体制を強化し運用しています。

利益相反管理

社会貢献の一環として、様々な産学連携活動を推進していくなかで、「個人の利益」と「大学の責務」が衝突する状態、いわゆる「利益相反」の状態が発生する可能性があり、社会信頼性を確保する必要があります。広島大学では「利益相反管理に関する規則」を制定し、利益相反マネジメントを行っています。その最も重要な意義は、産学連携活動を進めている教職員を支え、社会的信頼を確保し、社会への説明責任を十分に果たすことにより、産学連携の推進に伴って生じる懸念を払拭していくことにあります。

臨床研究(治験を含む)に係る利益相反管理

広島大学の職員等が臨床研究に係る産学官連携活動等を行う場合における利益相反を適正に管理するために必要な事項を定めることにより、本学及び職員等の社 会的信頼を確保するとともに、被験者の人権擁護及び安全性を確保し、臨床研究に係る産学官連携活動等を適正かつ円滑に遂行することを目的としています。

産学官連携活動に伴う安全保障輸出管理

産学官連携活動に伴う安全保障輸出管理について、適切な管理体制を整備することにより、輸出管理の適正な実施を図ること目的としています。

産学連携における秘密情報保護のためのガイドライン

Wordデータ(22.65KB)ダウンロード


up