臨床研究(治験を含む)に係る利益相反管理

広島大学の職員等が臨床研究に係る産学官連携活動等を行う場合における利益相反を適正に管理するために必要な事項を定めることにより、本学及び職員等の社会的信頼を確保するとともに、被験者の人権擁護及び安全性を確保し、臨床研究に係る産学官連携活動等を適正かつ円滑に遂行することを目的としています。

本学では、臨床研究に係る利益相反自己申告書により、臨床研究利益相反管理を行っています。

臨床研究利益相反自己申告書の提出について

臨床研究を実施しようとする職員等(臨床研究実施者)及びその関係者(臨床研究関係者)は、広島大学臨床研究に係る利益相反管理に関する規則に基づき、臨床研究利益相反の状況について、臨床研究に係る利益相反自己申告書により臨床研究利益相反管理委員会へ申告しなければなりません。

※臨床研究を実施しようとする職員等(臨床研究実施者)及びその関係者(臨床研究関係者)の皆さまは、教職員向けポータルサイト「いろは」から手続きをお願いします。

臨床研究に係る利益相反ポリシーおよび規則

広島大学では、「広島大学における臨床研究に係る利益相反ポリシー」を策定し、臨床研究(治験を含む)に係る利益相反に関する本学の姿勢や考え方を学内外に広く公表しています。


up