アイデンティティ

学章

学章は、清新な生命とフェニックスの葉を図案化したものです。学内公募で選ばれた工学部の学生の作品に若干の修正が加えられ、昭和31年に制定されました。
エジプト神話に出てくる霊鳥フェニックスが、500年生きるとその巣に火をつけ、自分の身を焼き灰の中から新たな生命をもって蘇るといわれる不死鳥であることになぞらえ、原子爆弾で廃虚となった広島市に新たに生まれた本学を象徴しました。

広島大学歌

 大学歌は、昭和32年に制定されました。歌詞は、学内公募で選ばれた文学部の学生山中有人(すみと)氏の作品に修正を加えたもので、作曲は元NHK交響楽団指揮者で教授の高田信一氏が所属する教育学部福山分校音楽科が担当しました。
歌詞は、簡素で格調の高い文語体で書かれており、第一節が「光あり」、第二節が「流れあり」、第三節が「緑あり」で唱い始められています。それぞれ「真 (まこと)をぞきわめん望みなり」、「善きをこそ努めん集いなり」、「美(は)しきもの求めん願いなり」で結ばれて、ここに学ぶものの真・善・美を追求する不撓(ふとう)の意欲が表明されています。

広島大学旗

 大学旗は、原爆の焼跡から更生する清新な生命を代表する色として緑色が採用され、緑の色地の中央に学章を配しています。昭和35年に制定されました。

ユニバーシティ・アイデンティティ

広島大学のUI戦略

 UI(ユニバーシティ・アイデンティティ)とは、まず「広島大学とは何もので、何のために存在しているのか」という自身の個性や存在意義を問い直し、「これからどうありたいと願うのか」という理念を整理・再編することです。そして、それらを体現するメッセージやシンボルを統一的に使って、広島大学のブランドイメージを確立していくことです。
広島大学は、言葉やデザインなどを通じて、教職員・学生の意識へアイデンティティの浸透を促すコミュニケーション活動を実施しています。

コミュニケーションマーク

ビジュアル・アイデンティティ

名刺の例外規定

1.マニュアルに収録されている名刺のデザインフォーマットは、例示された表記内容をもとにした基本的なデザインフォーマットです。
 表記内容がさらに増える場合、またこの表記例にあてはまらない場合は、例外的にデザインバリエーションを作成することができます。
 ただし、その場合でも、このフォーマットの「頭揃えの位置」は遵守してください
2.表記項目が増える場合、または表記内容の文字が長い場合などでは、コミュニケーションマークと表記内容の位置関係に配慮し、行数、文字の大きさ、行間などのバランスを調整して、見た目の頭揃えの線を壊さないようにしてください。
3.特別の事由があって表記項目にモリサワ書体「新ゴ-R」以外の書体を付加して使用する場合は、モリサワ書体「新ゴ-R」にできるだけ似たゴシック系書体を使用してください。
4.この例外規定は、和文・英文双方のデザインフォーマットについて適用されます。

UI構築までの経緯

フェーズ1(2002年秋〜2003年秋)

フェーズ1では、アイデンティティ戦略と行動計画の策定のため、アンケート調査を行いました。この調査の目的は、教職員・学生という構成員と、企業や地域、また卒業生や父母といった関係者が、広島大学をどのようにとらえ、どのような期待を持っているかなどを把握することです。
これらの調査分析に基づいて、他大学との比較、本学のビジョン・中期目標などから本学が目指すべき差別化や優位性を獲得すべき方向を明らかにしていきました。

フェーズ2(2003年秋〜2004年春)

フェーズ2では、フェーズ1で導かれた「挑戦する意欲を持ち、行動を起こす人材が育つ大学」というありたい姿の言葉に加え、建学の精神や大学の理念、到達目標、広島、人、教育・研究・社会連携の融合などをキーワードとして、広島大学らしさを表す具体的なコンセプトやコミュニケーションマークのデザインを行いました。

規則等


up