• ホームHome
  • 学長ルーム
  • 越智学長の診察がきっかけで、膝の手術を受けた元オリンピック柔道エジプト代表選手モハメド・ラシュワン氏がお礼のため広島大学を表敬訪問しました

越智学長の診察がきっかけで、膝の手術を受けた元オリンピック柔道エジプト代表選手モハメド・ラシュワン氏がお礼のため広島大学を表敬訪問しました

エジプトの柔道家で1984年ロサンゼルス五輪銀メダリストのモハメド・ラシュワンさん(64)が1月21日、越智学長を表敬訪問し感謝の言葉を伝えました。長年の競技生活で膝を痛めていたラシュワンさんは昨年4月にカイロ大学病院で診察を受けた越智学長の紹介で、12月に愛知医科大学病院で手術を受けました。

ラシュワンさんはロサンゼルス五輪の柔道男子無差別級決勝で山下泰裕氏(現JOC会長)と対戦しました。試合には敗れたものの、山下さんが痛めていた右脚を攻めなかったフェアプレーが、世界から賞賛されました。昨年春の叙勲では、柔道普及の貢献により旭日単光章を贈られました。

しかし、長年の競技生活で変形性膝関節症が悪化。昨年4月に膝関節外科の第一人者である越智学長がエジプトを訪問した際に特別診療を受け、12月に愛知医科大学病院に入院して広島大学出身の出家正隆教授の執刀で人工関節手術を受けました。

次男のアムルさん(25)と一緒に広島大学病院(広島市南区)を訪れたラシュワンさんは、杖を使いながらも歩いて病院内を移動できるまでに回復。越智学長に「手術前は2分しか歩けなかったのが30分も歩けるようになりました。思いもしなかった手術を勧めてくださった越智先生のおかげです。ぜひ東京オリンピックにも行きたい」と感謝の意を述べました。

越智学長は、山下氏から「よろしく伝えください」とのメッセージを託されたことを紹介し、「日本の医学・医療が世界に貢献できてうれしい」と順調な回復を喜んでいました。

越智学長(左)の出迎えを受けるラシュワンさん(中央)

越智学長(左)の出迎えを受けるラシュワンさん(中央)

越智学長との懇談。左は次男のアムルさん

越智学長との懇談。左は次男のアムルさん

カイロ大学で使った白衣姿の越智学長と握手

カイロ大学で使った白衣姿の越智学長と握手

ラシュワンさんから越智学長に贈られたパピルス画

ラシュワンさんから越智学長に贈られたパピルス画

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp
 (注:*は半角@に変換して送信してください。)


up