English website is here .

物理学科

平成31年4月1日現在

(物理科学専攻 宇宙・素粒子科学講座)

<教 授>

  • 小嶌 康史:宇宙物理学の理論
  • 深澤 泰司:X線、ガンマ線宇宙物理学、X線観測衛星開発
  • 志垣 賢太:相対論的原子核衝突/宇宙開闢直後のクォーク閉込と質量発現

<准教授>

  • 両角 卓也:素粒子質量の起源、宇宙の物質の起源、対称性の破れの起源
  • 石川 健一:格子場の理論による素粒子模型の研究

<助 教>

  • 本間 謙輔:超高強度場下の真空相構造の実験的探求
  • 三好 隆博:プラズマ物理の理論・シミュレーション研究
  • 高橋 弘充:高エネルギー宇宙物理学、人工衛星や大気球の観測装置の開発
  • 岡部 信広:天文学、宇宙物理学、観測的宇宙論

<特 任 助 教>

  • 山口 頼人:極限状況下におけるクォーク多体系の性質、及び初期宇宙で起こったQGP-ハドロン相転移機構の解明に向けた実験的研究

(物理科学専攻 物性科学講座)

<教 授>

  • 黒岩 芳弘:放射光を用いた誘導体の電子密度分布と物性に関する結晶学的研究
  • 森吉 千佳子:放射光による静的・動的構造物性の研究
  • 木村 昭夫:放射光による磁性ナノ構造物質の電子状態の研究

<准教授>

  • 関谷 徹司:放射光科学(放射光を用いた表面物性、表面反応の研究)
  • 中島 伸夫:軟X線分光(誘電体・合金の電子状態の研究)

<助 教>

  • 和田 真一:放射光や自由電子レーザー、光学レーザーを用いたナノスケール反応ダイナミクス
  • 吉田 啓晃:放射光による液体および固体の光化学反応の研究
  • 石松 直樹:X線を使った構造物性(主として磁性)研究

先端物質科学研究科 量子物質科学専攻

<教 授>

  • 鈴木 孝至:低温物理学(極端条件下での超伝導、重い電子系やマルチフェロイックス系の実験的研究)
  • 岡本 宏己:荷電粒子ビームの基礎物性に関する理論的・実験的研究
  • 栗木 雅夫:高品質電子・陽電子ビーム発生および関連する加速器科学
  • 嶋原 浩:凝縮系物性理論(超伝導、準低次元強相関電子系)
  • 鬼丸 孝博:希土類を含む化合物やカゴ状物質における磁気・熱物性の実験的研究

<特任教授>

  • 高畠 敏郎:レアアース多元化合物の創製と電気・磁気的物理現象の研究

<准教授>

  • 高橋 徹:素粒子実験とその技術の応用
  • 松村 武:中性子・X線を用いた強相関電子系の電子秩序の研究
  • 八木 隆多:ナノテクノロジーによる微細構造での量子輸送の研究
  • 樋口 克彦:局所密度近似を超えた新しいエネルギーバンド理論の研究
  • 檜垣 浩之:電磁場による荷電粒子閉じ込め、低エネルギービーム系の実験研究
  • 田中 新:強相関電子系の電子状態と高エネルギー分光の理論

<助 教>

  • 飯沼 昌隆:量子光学の実験的研究
  • 伊藤 清一:非中性プラズマを用いた、多体系の自己組織化現象の研究
  • 石井 勲:超音波分光法による強相関電子系の新奇物理現象の実験的研究
  • 志村 恭通:希土類化合物の開発と極低温物性測定による量子現象の探索
  • 比嘉 野乃花:強相関電子系に対する共鳴X線・中性子錯乱を用いた研究

宇宙科学センター

<教 授>

  • 川端 弘治:可視赤外線天文学、超新星、ガンマ線バースト

<准教授>

  • 植村 誠:変光星・突発天体現象の観測的研究
  • 水野 恒史:X線、γ線による宇宙の高エネルギー現象の研究と観測装置開発

<助 教>

  • 稲見 華恵:可視赤外線天文学、銀河形成と進化、赤外線銀河

放射光科学研究センター

<教 授>

  • 生天目 博文:放射光を用いた固体の電子状態の研究
  • 島田 賢也:放射光高分解能光電子分光法を用いた固体物性研究
  • 奥田 太一:放射光を用いた表面物性研究と新しい測定手法の開発
  • 加藤 政博:相対論的電子ビームからの放射とその応用に関する研究

<准教授>

  • 佐藤 仁:放射光を用いた強相関電子系電子状態の研究
  • 澤田 正博:放射光を用いた磁性体の電子状態の研究
  • 松尾 光一:放射光を用いた真空紫外円二色性分光による生体分子構造の研究
  • 宮本 幸治:放射光を用いた表面電子物性の研究と新奇測定・解析手法の開発

自然科学研究支援開発センター(低温・機器分析部門)

<准教授>

  • 梅尾 和則:極低温・超高圧力下における希土類元素を含む化合物の磁性研究と高圧力下における測定法の開発


up