博士学位取得について

1.学位授与の要件

(1) 「広島大学大学院先進理工系科学研究科学位授与の判定基準及び学位論文の評価基準」を満たしていること。
(2) 課程博士については、必要な修業年限以上在学して、所定の単位を修得し、かつ、研究指導を受けた上、博士論文を提出し、その審査及び最終試験に合格すること。
(3) 論文博士については、博士論文を提出し、その審査及び最終試験に合格すること。
(4) 博士論文は学位申請のために学位申請者が単独名で書き下ろした論文とし、その主要な部分が、査読付き公刊論文として掲載されているか、又は、掲載決定されていなければならない。掲載についての基準は、各学位プログラムが定める。

なお、課程博士の場合在学期間に関しては、研究科教授会が優れた研究業績を上げたと認める者については1年以上在学(以下「早期修了」という。)すれば足りる。

2.学位申請の基準

次の(ア)及び(イ)について、各学位プログラムが定める基準を満たすこと。
 (ア)関係学協会等に発表した審査付学術論文(掲載決定済みのものを含む)
 (イ)国際会議論文(掲載決定済みのものを含む)

学位プログラム名 課程博士 論文博士
数学 原則として、(ア)で単著のものが1編以上、または(ア)で共著のものが2編以上 原則として、(ア)が2編以上(うち1編以上は単著であること)、または(ア)で共著のものが3 編以上
物理学 原則として、(ア)が1編以上(ただし筆頭著者またはそれに準ずること) 原則として、(ア)が1編以上(ただし筆頭著者またはそれに準ずること)
地球惑星システム学 (ア)が1編以上(筆頭著者であること)あり、原則としてSCI論文であること (ア)が2編以上(いずれも筆頭著者であること)あり、原則としてSCI論文であること
基礎化学 原則として、(ア)が2編以上。但し、博士課程後期からの入学者については(ア)が1編以上 原則として、(ア)が5編以上
応用化学 原則として、(ア)が3編以上(うち1編以上は筆頭著者であること) 原則として、(ア)が5編以上(うち1編以上は筆頭著者であること)
化学工学 (ア)が3編以上、または、(ア)の2編に加えて(イ)が1編以上。
いずれの場合も、(ア)については、1編以上は筆頭著者であること。
(ア)が5編以上(うち2編以上は筆頭著者であること)
電気システム制御 原則として、(ア)が2編以上に加えて(イ)が1編以上 原則として、(ア)が5編以上に加えて(イ)が1編以上
機械工学 (ア)が3編以上、または、(ア)の2編に加えて(イ)が1編以上。
いずれの場合も、(ア)については、1編以上は筆頭著者であること。
(ア)が5編以上(うち2編以上は筆頭著者であること)
輸送・環境システム (ア)が2編以上(うち1編以上は筆頭著者であること)、または、筆頭著者の(ア)の1編に加えて筆頭著者の(イ)が1編以上 (ア)が3編以上(うち1編以上は筆頭著者であること)
建築学 (ア)が2編以上(うち1編以上は筆頭著者であること) (ア)が3編以上(うち1編以上は筆頭著者であること)
社会基盤環境工学 (ア)が2編以上(いずれも筆頭著者であること)あり、少なくとも1編はSCI論文であること (ア)が3編以上(いずれも筆頭著者であること)あり、少なくとも1編はSCI論文であること
情報科学 原則として、(ア)が2編以上(うち1編以上は筆頭著者であること)に加えて筆頭著者の(イ)が1編以上 原則として、(ア)が4編以上(うち1編以上は筆頭著者であること)に加えて筆頭著者の(イ)が1編以上
スマートイノベーション 応用化学分野 原則として、(ア)が3編以上(うち1編以上は筆頭著者であること) 原則として、(ア)が5編以上(うち1編以上は筆頭著者であること)
電気システム制御分野 原則として、(ア)が2編以上に加えて(イ)が1編以上 原則として、(ア)が5編以上に加えて(イ)が1編以上
量子物質科学 (ア)が1編以上 (ア)が1編以上
理工学融合 環境自然科学分野 (ア)について、原則として筆頭論文もしくはそれに代わる著書が1編以上あること (ア)について、原則として筆頭論文もしくはそれに代わる著書が3編以上あること
開発科学分野 (ア)が2編以上(いずれも筆頭著者)であり、少なくとも1編はインパクトファクター付き論文であること (ア)が3編以上(いずれも筆頭著者ないし責任著者)であり、少なくとも1編はインパクトファクター付き論文であること

※応用化学プログラム、化学工学プログラム、電気システム制御プログラム、機械工学プログラム、輸送・環境システムプログラム、建築学プログラム、社会基盤環境工学プログラム、情報科学プログラムは、上記のほかに「ジェネラリスト養成型」の基準による学位申請をすることもできます。詳細は、当該プログラムを担当する支援室にご確認ください。


up