Drをお考えの方へ

本研究科は積極的に大学院生を支援しています

広島大学大学院生支援プロジェクト、本研究科独自の先進理工系科学研究科研究奨学金、これらの制度により、博士課程の学生が安心して研究に集中できる環境を整えるとともに、研究力向上やキャリアパスの支援に取り組むことで、将来の日本の科学技術・イノベーション創出に貢献できる博士人材の輩出を目指します。

令和4年度 広島大学大学院先進理工系科学研究科研究奨学金

広島大学大学院先進理工系科学研究科では、博士課程後期学生を支援し、研究を奨励することを目的として、博士課程後期学生に対し、先進理工系科学研究科研究奨学金を支給します。

支給金額 

授業料相当額を上限とし、最大年額 54 万円(半期 27 万円)(非課税・給付型)※授業料免除(全額免除又は半額免除)を許可された方は、その結果に応じて金額を決定します。

支給対象

広島大学大学院先進理工系科学研究科 博士課程後期(旧研究科の学生を含む)に在籍する標準修業年限内の学生
(給与所得のある社会人学生も支給対象、ただし勤務先のルールを請求前に要確認)

支給対象外

上記の学生であっても、国、地方公共団体、法人、外国政府等から、返還義務のない月額合計 10 万円を超える奨学金や研究奨励金を受給している学生は支給対象外(例:国費留学生、外国政府派遣留学生、JSPS 特別研究員、広島大学大学院リサーチフェローシップ等)

支給対象期間

博士課程後期に入学後 36 か月以内。ただし、休学期間は支給を停止します。

令和4年度前期提出書類等

手続きの概要は以下をご覧ください。

広島大学大学院生支援プロジェクト

広島大学は、研究に対する意欲を有し、将来の我が国の科学技術・イノベーション創出の重要な担い手となる博士後期課程進学者をサポートするため、「広島大学大学院リサーチフェローシップ制度」、「広島大学創発的次世代研究者育成・支援プログラム」、「広島大学女性科学技術フェローシップ制度」をそれぞれ創設しました。

詳細は特別サイトでご確認ください。

大学院リサーチフェローシップ制度

「リサーチフェロー」への支援
 ・研究専念支援経費(生活費相当額) 15万円/月
 ・研究費 30万円/年

創発的次世代研究者育成・支援プログラム

「次世代フェロー」への支援
 ・研究専念支援経費(生活費相当額) 15万円/月
 ・研究費 40万円/年

女性科学技術フェローシップ制度

「理工系女性リサーチフェロー」への支援(D1~D3)
 ・研究専念支援経費(生活費相当額) 15万円/月
 ・研究費 42万円/年

「理工系女性M2奨学生」への支援(M2)
 ・研究専念支援経費(生活費相当額) 7.5万円/月
 ・研究費 24万円/年

お問合せ先

工学系総括支援室 
e-mail:kou-gaku-daigakuin(AT)office.hiroshima-u.ac.jp ※(AT)は@に変更し、送付してください。
TEL:(082)424-7519


up