【2021年12月13日開催】第4回バイオマスプレミアムイブニングセミナーのご案内

皆様、広島大学バイオマスプロジェクト研究センターの活動に関していつもお世話になっています。ご存じの通り、私どもは原則として広島大学で月に1回イブニングセミナーを開催しています。

広島大学という立地の事情もあって、なかなか遠方の方に来ていただいてご講演いただくこともできなかったのですが、このたびの新型コロナウィルス対応で、ネット会議環境が整ってきました。特に、Zoom 利用者の増加により、遠隔会議を容易に開催することが可能になってきています。

私どもは、この機会を生かして、これまでご講演をお願いできなかったバイオマスを代表する先生方にお話を伺い、ディスカッションを行う機会を設けたいと考えました。ただし、資料の事前郵送や、講演いただく先生への謝金などを考慮して、従来とは異なり、参加費をいただいた形で、事前登録者に限って開催します。通常の無料のバイオマスイブニングセミナーの何回かをプレミアムセミナーとし、その頻度は3ヶ月~半年に1回程度を想定しています。今回、第4回を2021年12月13日に企画しました。

第4回は信州大学の鮫島正浩様にご講演を頂きます。ご存じの通り、鮫島様は東京大学で木質バイオマスの有効利用に関する研究を進めておられ、リグノセルロース系バイオマスからのバイオエタノール生産の研究開発にも携わられました。日本における森林政策の立案にも関与して来られ、日本の森林の現状と将来展望について誰よりも詳しく知っておられます。鮫島様には日本の森林の有効利用について、これまでの問題点と対応、今後の展開についてもお話を頂く予定です。

以下の通りに開催します。是非ご参加いただければ幸いです。ディスカッションの時間も長めに取っています。意見交換の場としてもご活用ください。
 

日時

2021年12月13日(月) 16:30-18:00

場所

ZOOM オンライン(参加登録者に直接ご連絡させていただきます)

主催

広島大学バイオマスプロジェクト研究センター

共同主催

中国地域バイオマス利用研究会、広島大学エネルギー超高度利用研究拠点

参加費

3000円(中国地域バイオマス利用研究会メンバーは無料)

参加申込サイト

参加申込及び参加費振込締切日

2021年12月2日(木)

事前資料

資料は講演者の著作権保護を含めた拡散防止のために事前郵送とさせて頂きます。ご了承ください。参加費取り扱いはエネルギー高度利用研究会に委託しています。領収書は予稿原稿とともに発送します。

プログラム

司会・解説:広島大学バイオマスプロジェクト研究センター長 松村幸彦

16:30-16:35 解説

16:35-17:20 講演:信州大学工学部・特任教授
           東京大学・名誉教授 鮫島 正浩

「木質バイオマス利用が日本の森林・林業・木材産業に与えた影響について」
この10年間、日本においても木質バイオマスのエネルギー利用は発電事業を中心に大きく展開しています。現在、国内の森林で生産される木材の約30%がその目的のための燃料材として利用されており、そのことが日本の森林・林業・木材産業に与えた影響は非常に大きいと言えます。本講演ではいくつかの視点からその影響を具体的に概説し、その上で、今後の展望と課題について意見を述べたいと考えています。

17:20-18:00 ディスカッション

 

【お問合せ先】

広島大学大学院先進理工系科学研究科機械工学プログラム内
中国地域バイオマス利用研究会
TEL:082-424-5762 
FAX:082-422-7193 
Email : bprc * hiroshima-u.ac.jp (注: *は半角@に置き換えてください)


up