女性科学技術フェローシップ制度について

女性科学技術フェローシップ制度について

本事業では,科学技術分野で活躍する意欲のある女性の博士課程後期学生(D1~D3)を「理工系女性リサーチフェロー」として採用し,研究専念支援経費(生活費相当額)と研究費から成るフェローシップを支給することにより,学生が研究に専念できる環境を提供します。

さらに,本学独自の取組として,博士課程後期に進学する意欲のある,博士課程前期の学生についても,自己経費により積極的に支援します。なかでも,M2の学生については,支援を受けた学生が本学の博士課程後期に進学した場合,継続して「理工系女性リサーチフェロー」への採用を保証することで,進学における経済的不安を緩和し,進学へのモチベーションを向上させます。

このようにして,理工系の研究者となることを目指す女性の大学院生の,将来への意欲と希望を後押しします。

支援の概要

〇「理工系女性リサーチフェロー」への支援(D1~D3)
 ・研究専念支援経費(生活費相当額) 15万円/月
 ・研究費 42万円/年

〇「理工系女性M2奨学生」への支援(M2)
 ・研究専念支援経費(生活費相当額) 7.5万円/月
 ・研究費 24万円/年

募集情報

令和4年度女性科学技術フェローシップ制度の募集を開始いたしました。
詳細は以下のページをご覧ください。
広島大学女性科学技術フェローシップ制度(令和4年度)の募集について

【過去の募集情報】
広島大学女性科学技術フェローシップ制度(令和3年度)の募集について


up