平成31年度広島大学経済学部編入学(第3年次)学生募集要項

平成31年度広島大学経済学部編入学(第3年次)学生募集要項

 

目次

目次

経済学部の概要(経済学部ホームページへ移動します。)

経済学部第3年次編入学試験アドミッション・ポリシー

Ⅰ 平成31年度推薦編入学(第3年次)学生募集要項

1.募集人員及び試験場
2.出願資格及び推薦要件
3.出願手続
4.入学者選抜方法

Ⅱ 平成31年度一般編入学(第3年次)学生募集要項

1.募集人員及び試験場
2.出願資格
3.出願手続
4.入学者選抜方法

(推薦,一般編入学共通)

5.合格者発表
6.入学手続及び納入金
7.編入学時期及び単位認定 ・
8.受験上及び修学上の配慮を必要とする者の事前相談
9.学生宿舎について
10.ノートパソコンの必携化について
11.注意事項
12.問合せ先

広島大学経済学部編入学試験における成績の開示について(経済学部ホームページへ移動します。)

東広島キャンパスへのアクセス(広島大学ホームページへ移動します。)

○ 経済学部第3年次編入学試験アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

経済学科 昼間コース
1 求める学生像
経済学部では,次のような学生を求めています。
(1)官公庁や企業での活躍を目指す学生
(2)先端領域のビジネス分野でビジネスモデルの開発や起業を目指す学生
(3)グローバル経済の分析や予測を,数理的分析手法を駆使して行うエコノミストやコンサルタントを目指す学生
(4)地球規模の問題に対しグローバルな視点から政策を立案し実行するリーダーを目指す学生
(5)従来にない独創的な理論の構築を目指し,深い思索と幅広い視点から学問研究に従事しようとする学生
なお,第3年次の入学前に学習しておくことが期待される内容は,以下のとおりです。
(1)短期大学,高等専門学校等で学ぶ経済に関する基礎知識
(2)日常の政治・経済問題に関して自ら解決策を考えること
(3)学内行事や課外活動,ボランティア活動等に主体的に取り組むこと
(4)自分の適性を活かしたキャリアビジョンを明確にして実現のために目的意識を持つこと
また,第3年次の入学後に「専門基礎科目を修了した時点で,経済学に関する基本的知識を修得し,新聞その他報道等の情報と経済学の各分野の基本的知識を連結できる能力」,「専門科目修了時に,各学科目の専門的知識を修得し,様々な社会現象に対して各分野の専門的見地から一定の論述ができる能力」,「卒業論文を作成することによって,専門的知識の応用能力や論考する能力,プレゼンテーション能力」を身につけることができる学生を求めています。
2 入学者選抜の基本方針
経済学部に,学生の多様なニーズに応え,卒業後の幅広い進路に対応するため,経済学科昼間コース及び夜間主コースを設置しており,各コースでは,これらの人を受け入れるため,編成している各主専攻プログラムのディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ,入学者に求める能力やその評価方法を「学力の3要素」と関連付けて明示し,多面的・総合的な評価による選抜を実施します。

経済学科 夜間主コース
1 求める学生像
本コースが編成している経済・経営統合プログラムのディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ,入学前に以下のような多様な能力を身につけてきた学生を求めています。
 (1)知識・技能について,「経済学や経営学を学ぶために必要な基礎学力として,高等学校等で学ぶことにより身につける国語,地理歴史・公民,数学,理科,外国語の知識」
 (2)思考力・判断力・表現力等の能力について,「経済学,経営学,会計学,情報科学といった社会科学が取り組むべき現実的課題に興味を持ち,自ら解決策を考えることにより身につける問題発見・解決能力,自己革新能力」や「学内行事や課外活動,ボランティア活動等に主体的に取り組むことにより身につける自己表現力,コミュニケーション能力」
 (3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度について,「学内行事や課外活動,ボランティア活動等に主体的に取り組む態度」や「自分の適性を活かしたキャリアビジョンが明確で,その実現のために目的意識を持って頑張る態度」
なお,第3年次の入学前に学習しておくことが期待される内容は,以下のとおりです。
 (1) 短期大学,高等専門学校等で学ぶ経済に関する基礎知識
 (2) 日常の政治・経済問題に関して自ら解決策を考えること
 (3) 学内行事や課外活動,ボランティア活動等に主体的に取り組むこと
 (4) 自分の適性を活かしたキャリアビジョンを明確にして実現のために目的意識を持つこと
また,第3年次の入学後に「専門基礎科目を修了した時点で,経済学,経営学,会計学,情報科学に関する基本的知識を修得し,新聞その他報道等の情報と経済学・経営学の各分野の基本的知識を連結できる能力」,「専門科目修了時に,様々な社会現象に対して各分野の専門的見地から一定の論述ができる能力」を身につけることができる学生を求めています。
2 入学者選抜の基本方針
経済学部に,学生の多様なニーズに応え,卒業後の幅広い進路に対応するため,経済学科昼間コース及び夜間主コースを設置しており,各コースでは,これらの人を受け入れるため,編成している各主専攻プログラムのディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ,入学者に求める能力やその評価方法を「学力の3要素」と関連付けて明示し,多面的・総合的な評価による選抜を実施します。

目次へ戻る

Ⅰ 平成31年度推薦編入学(第3年次)学生募集要項

Ⅰ 平成31年度推薦編入学(第3年次)学生募集要項

1.募集人員及び試験場

学 部

学  科  等

募集人員

試   験   場

 経済学部

経済学科昼間コ-ス

3名

 東広島キャンパス
 東広島市鏡山一丁目2番1号
 広島大学経済学部

東広島キャンパスへのアクセス(広島大学ホームページへ移動します。)

2.出願資格及び推薦要件

【出願資格】
日本の短期大学又は高等専門学校を平成31年3月卒業見込みの者
【推薦要件】
上記の出願資格を有し,出願時の総修得単位数の75%以上が「秀」及び「優」であり,出身学校長が推薦し,かつ合格した場合には入学を確約できる者。

3.出願手続

(1)出願期間

平成30年11月1日(木)から11月7日(水)午後5時まで(必着)

(2)出願書類等

出 願 書 類

摘     要

写真
(インターネット
出願)

「(3)出願方法」のインターネット出願のページを参照の上手続を行い, 以下のとおり撮影した写真(ファイル形式 はJPEGのみ)をアップロードしてください(郵送不可)。
・カラー又は白黒で撮影したもの(カラーを推奨)
・上半身,脱帽,正面向きで1人で写っているもの
・眼鏡着用の場合,レンズは無色透明に限る
・出願時直近(3か月以内)に撮影したもの
・JPEG(推奨サイズは640×480ピクセル)形式のもの
(注) アップロードされた写真は受験時の写真票に使用するほか,入学後の学生証及び本学の教務システムで卒業まで使用するため,高等専門学校等の制服を着用した撮影は不可とします。

卒業見込証明書
学業成績証明書
(郵送)

出身学校長が作成し,厳封したもの。

推薦書
(郵送)

推薦書をダウンロードし,志願者を日頃から実際に指導している教員が作成した上で,出身学校長が証明し,厳封したもの。
  推薦書(ダウンロード)

志望理由書
(郵送)

志望理由書をダウンロードし,志願者が自筆・手書きで記入してください。  
  志望理由書(ダウンロード)

入学検定料
【30,000円】
(インターネット
出願)

「(3)出願方法」のインターネット出願のページを参照の上手続を行ってください。
また,入学検定料の他に別途必要な手数料は,志願者負担となります。

なお,以下の場合を除き,出願書類受付後はいかなる理由があっても既納の入学検定料は返還しません。
(1)出願書類を提出しなかった,又は受付されなかった場合
(2)検定料を誤って二重に振り込んだ場合
上記(1)(2)に該当する場合は,既納の入学検定料から振込手数料を差し引いて返還しますので,「出願番号」,「氏名」,「郵便番号・住所」,「連絡先電話番号」及び「返還請求の理由」を明記した書面(様式任意)を,速やかに「12.問合せ先」に郵送又はFAXしてください。その後,本学から検定料返還のための「返還請求書」を郵送しますので,記入・捺印の上,指定期日までに経済学部に郵送してください。

(注1)国費外国人留学生で,平成30年度中に奨学金支給期間の延長を申請する者(予定を含む)は,検定料不徴収となります。該当する場合は,必ず,出願前に「12.問合せ先」に電話で連絡をしたうえで,以下の内容が記載されている書類(在籍学校が作成したもので様式任意)を他の出願書類等と一緒に同封して郵送してください。
・国費外国人留学生として在籍していること
・奨学金支給の延長を申請予定であること
 

(注2)平成30年7月豪雨及び平成28年熊本地震で被災された広島大学志願者への入学検定料免除特例措置を行っています。詳細は,以下のホームページでご確認ください。
https://www.hiroshima-u.ac.jp/nyushi/news/1058

受験票返信用封筒
(郵送)

市販の長形3号封筒(12cm×23.5cm)を各自で用意のうえ,志願者の住所・氏名(「様」の敬称も記入してください)を記入し,82円分の切手を貼ってください。

(備考)
1)所定の用紙の印刷サイズはA4(推薦書についてはA3)としてください。
2)出願書類受付後は,記載事項の変更は認めません。
3)受付した出願書類は,いかなる理由があっても返却しません。
4)出願資格を取得見込みの合格者が所定の期日までに資格を取得できなかった場合は,入学を取り消します。
5)
改姓名等により現在の氏名と書類の氏名が異なる場合は,戸籍抄本等の公的機関が発行した書類の写を併せて提出してください。

(3)出願方法

1)インターネット出願で,出願に必要な情報を登録し,(2)出願書類等のうち「写真」及び「入学検定料」に係る手続を行ってください。
 なお,インターネット出願のページは,広島大学入試情報のホームページ(以下の画像をクリック)からアクセスできます。  


 また,転居等により志願者情報(住所や連絡先等)が変更になる場合は,速やかに「12.問合せ先」のメールアドレスに,「受験番号(又は出願番号)」,「氏名」及び「変更内容」をメールで連絡してください。特に,住所は,受験票の発送,合格通知送付及び入学資料送付等で利用しますので,必ず連絡してください。

2)(2)出願書類等のうち(郵送)の書類「卒業見込証明書,学業成績証明書,推薦書,志望理由書,受験票返信用封筒」を一括して角型2号封筒に入れ,出願期間内に到着するように以下の提出先に簡易書留郵便で郵送してください。 11月7日(水)午後5時を必着としますが,これ以降に到着した場合は,11月6日(火)までの消印があるものに限り受け付けします。郵便事情を考慮し,出願期間内に到着するように手続してください。
 なお,郵送が必要な出願書類等の提出の受領確認は電話でお答えするはできませんので,日本郵便ホームページ等の追跡サービスで確認してください。
 また,インターネット出願から下記提出先の情報が記載された封筒貼付用ラベルを印刷できますので,こちらを利用することを強く推奨します。印刷できない場合は直接下記提出先と志願者情報(郵便番号・住所・氏名・出身学校名)を封筒に記載し送付ください

         提出先:
         〒739-8525  東広島市鏡山一丁目2番1号
         広島大学経済学部入試担当
         出願番号:○○○○○○(インターネット出願から発行される6桁の出願番号を記載)
         入試区分:第3年次編入学試験(推薦)
         出願専攻等:経済学部経済学科昼間コース

(4)受験票の発送

 受験票の発送について,平成30年11月14日(水)までに本人宛発送しますが,平成30年11月19日(月)までに到着しない場合は,「12.問合せ先」へ連絡してください。

4.入学者選抜方法

(1)試験の日時・実施科目等の内容

期  日

科目等

時 間

実施科目等の内容

評 価

11月24日(土)

口述試験

10:00~

志望動機,勉学に対する意欲,経済に関する問題意識などについて質問します。経済学部で学ぶ上で必要な英語や数学等に関する質問も含みます。

点数化して評価

(2)合否判定基準

口述試験(100点満点)の得点に学業成績(成績証明書)の段階評価を加え,総合的に判定します。
なお,推薦書及び志望理由書は口述試験での参考資料として用います。

目次へ戻る

Ⅱ 平成31年度 一般編入学(第3年次)学生募集要項

Ⅱ 平成31年度 一般編入学(第3年次)学生募集要項

1.募集人員及び試験場

学 部

学 科 等

募 集 人 員

試 験 場

経済学部

 経済学科
 昼間コ-ス

1名

 出願資格 (1)又は(2)に該当する者

 東広島キャンパス
 東広島市鏡山一丁目2番1号
 広島大学経済学部

1名

 出願資格 (3)~(11)のいずれかに該当する者

経済学科
 夜間主コ-ス

5名

 出願資格 (1)~(11)のいずれかに該当する者

(注)経済学部夜間主コースも東広島キャンパスで試験を実施します。
 東広島キャンパスへのアクセス(広島大学ホームページへ移動します。)

2.出願資格

次のいずれかに該当する者
(1)大学を卒業した者及び平成31年3月卒業見込みの者
(2)日本の大学に2年以上(休学期間を除く。)在学し(平成31年3月をもって在学する期間が2年間となる者を含む。),62単位以上修得した者及び平成31年3月までに修得見込みの者
(3)日本の短期大学又は高等専門学校を卒業した者及び平成31年3月卒業見込みの者
(4)外国の短期大学を卒業した者又は外国の短期大学の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって,文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を我が国において修了した者及び平成31年3月修了見込みの者(広島大学通則第11条に規定する者に限る。)
(5)修業年限が2年以上であることその他の文部科学大臣の定める基準を満たす高等学校の専攻科の課程を修了した者(広島大学通則第11条に規定する者に限る。)
(6)修業年限が2年以上で,総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者及び平成31年3月修了見込みの者(広島大学通則第11条に規定する者に限る。)
(7)学校教育法(昭和22年法律第26号)第104条第4項の規定により独立行政法人大学改革支援・学位授与機構から学士の学位を授与された者及び平成31年3月までに授与される見込みの者
(8)外国において,修業年限4年以上の大学を卒業した者
(9)外国において,修業年限4年以上の大学に2年以上(休学期間を除く。)在学し,62単位以上に相当する科目を修得した者及び平成31年3月までに修得見込みの者
(10)旧国立養護教諭養成所又は旧国立工業教員養成所を卒業した者
(11)学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)附則第7条に定める従前の規定による高等学校,専門学校又は教員養成諸学校等の課程を修了又は卒業した者

(注)日本国籍を有しない者が夜間主コースに入学しても,在留資格「留学」を取得することはできません。また,入学後に他の在留資格から「留学」に変更することもできません。

3.出願手続

(1)出願期間

平成30年11月1日(木)から11月7日(水)午後5時まで(必着)

(2)出願書類等

出 願 書 類

摘     要

写 真
(インターネット
出願)

「(3)出願方法」のインターネット出願のページを参照の上手続を行い, 以下のとおり撮影した写真(ファイル形式 はJPEGのみ)をアップロードしてください(郵送不可)。
・カラー又は白黒で撮影したもの(カラーを推奨)
・上半身,脱帽,正面向きで1人で写っているもの
・眼鏡着用の場合,レンズは無色透明に限る
・出願時直近(3か月以内)に撮影したもの
・JPEG(推奨サイズは640×480ピクセル)形式のもの
(注) アップロードされた写真は受験時の写真票に使用するほか,入学後の学生証及び本学の教務システムで卒業まで使用するため,高等専門学校等の制服を着用した撮影は不可とします。

卒業(見込)証明書
(郵送)

出身学校長又は学部長が作成したもの。
なお,次の(a)~(e)のいずれかに該当する者は,以下の表中の証明書を提出してください。

 

区分

提出する証明書

(a)

出願資格(2)に該当する者

出願資格該当証明書(出願資格(2)用)
出願資格該当証明書(ダウンロード)

(b)

出願資格(4)に該当する者

以下の2つの書類を提出
・卒業・修了(見込)証明書
・大学入学資格を証明する書類(外国において学校教育における12年の課程を修了(見込)したことがわかる証明書等)

(c)

出願資格(6)に該当する者

以下の2つの書類を提出
・大学入学資格を証明する書類(高等学校の卒業証明書等)
・出願資格該当証明書(出願資格(6)用)
出願資格該当証明書(ダウンロード)

(d)

出願資格(7)に該当する者

以下のいずれかの書類を提出
・すでに学士の学位を授与された者は,大学改革支援・学位授与機構が発行する学位授与証明書
・学士の学位を授与される見込みの者は,大学改革支援・学位授与機構が発行する学位授与申請受理証明書

(e)

出願資格(9)に該当する者

出願資格該当証明書(出願資格(9)用)※同等の内容を含んだ証明書でも可
出願資格該当証明書(ダウンロード)

 

最終学校の
学業成績証明書
(郵送)

出身学校長又は学部長が作成し,厳封したもの。
なお,出願資格(2)又は(9)に該当する者のうち修得見込みの者は,単位修得見込証明書(又は履修登録を証明するもの)も併せて提出してください。 

志望理由書
(郵送)

志望理由書をダウンロードし,志願者が自筆・手書きで記入してください。  
  志望理由書(ダウンロード)

入学検定料

昼間コース
:30,000円

夜間主コース
:18,000円
(インターネット
出願)

「(3)出願方法」のインターネット出願のページを参照の上手続を行ってください。
また,入学検定料の他に別途必要な手数料は,志願者負担となります。

なお,以下の場合を除き,出願書類受付後はいかなる理由があっても既納の入学検定料は返還しません。
(1)出願書類を提出しなかった,又は受付されなかった場合
(2)検定料を誤って二重に振り込んだ場合
上記(1)(2)に該当する場合は,既納の入学検定料から振込手数料を差し引いて返還しますので,「出願番号」,「氏名」,「郵便番号・住所」,「連絡先電話番号」及び「返還請求の理由」を明記した書面(様式任意)を,速やかに「12.問合せ先」に郵送又はFAXしてください。その後,本学から検定料返還のための「返還請求書」を郵送しますので,記入・捺印の上,指定期日までに経済学部に郵送してください。

(注1)国費外国人留学生で,平成30年度中に奨学金支給期間の延長を申請する者(予定を含む)は,検定料不徴収となります。該当する場合は,必ず,出願前に「12.問合せ先」に電話で連絡をしたうえで,以下の内容が記載されている書類(在籍学校が作成したもので様式任意)を他の出願書類等と一緒に同封して郵送してください。
・国費外国人留学生として在籍していること
・奨学金支給の延長を申請予定であること
 

(注2)平成30年7月豪雨及び平成28年熊本地震で被災された広島大学志願者への入学検定料免除特例措置を行っています。詳細は,以下のホームページでご確認ください。
https://www.hiroshima-u.ac.jp/nyushi/news/1058

受験票返信用封筒

(郵送)

市販の長形3号封筒(12cm×23.5cm)を各自で用意のうえ,志願者の住所・氏名(「様」の敬称も記入してください)を記入し,82円分の切手を貼ってください。

(備考)
1)出願書類のうち,英語以外の外国語で書かれた証明書等には,日本語訳を添付してください。
2)所定の用紙の印刷サイズはA4としてください。
3)出願書類受付後は,記載事項の変更は認めません。
4)受付した出願書類は,いかなる理由があっても返却しません。
5)出願資格を取得見込みの合格者が所定の期日までに資格を取得できなかった場合は,入学を取り消します。
6)
改姓名等により現在の氏名と書類の氏名が異なる場合は,戸籍抄本等の公的機関が発行した書類の写を併せて提出してください。

(3)出願方法

1)インターネット出願で,出願に必要な情報を登録し,(2)出願書類等のうち「写真」及び「入学検定料」に係る手続を行ってください。
 なお,インターネット出願のページは,広島大学入試情報のホームページ(以下の画像をクリック)からアクセスできます。  

 また,転居等により志願者情報(住所や連絡先等)が変更になる場合は,速やかに「12.問合せ先」のメールアドレスに,「受験番号(又は出願番号)」,「氏名」,「出願コース(昼間又は夜間主)」及び「変更内容」をメールで連絡してください。特に,住所は,受験票の発送,合格通知送付及び入学資料送付等で利用しますので,必ず連絡してください。

2)(2)出願書類等のうち(郵送)の書類「卒業見込証明書,学業成績証明書,推薦書,志望理由書,受験票返信用封筒」を一括して角型2号封筒に入れ,出願期間内に到着するように以下の提出先に簡易書留郵便で郵送してください。 11月7日(水)午後5時を必着としますが,これ以降に到着した場合は,11月6日(火)までの消印があるものに限り受け付けします。郵便事情を考慮し,出願期間内に到着するように手続してください。
 なお,郵送が必要な出願書類等の提出の受領確認は電話でお答えするはできませんので,日本郵便ホームページ等の追跡サービスで確認してください。
 また,インターネット出願から下記提出先の情報が記載された封筒貼付用ラベルを印刷できますので,こちらを利用することを強く推奨します。印刷できない場合は直接下記提出先と志願者情報(郵便番号・住所・氏名・出身学校名)を封筒に記載し送付ください

         提出先:
         〒739-8525  東広島市鏡山一丁目2番1号
         広島大学経済学部入試担当
         出願番号:○○○○○○(インターネット出願から発行される6桁の出願番号を記載)
         入試区分:第3年次編入学試験(一般)
         出願専攻等:経済学部経済学科昼間コース又は経済学部経済学科夜間主コース

(4)受験票の発送

 受験票の発送について,平成30年11月14日(水)までに本人宛発送しますが,平成30年11月19日(月)までに到着しない場合は,「12.問合せ先」へ連絡してください。

4.入学者選抜方法

(1)試験の日時・実施科目等の内容

◎ 昼間コ-ス

期  日

科目等

時  間

実施科目等の内容

評 価

11月24日(土)

専門科目(論文)

  9:00~10:30

経済に関する基礎的な問題(ただし,数学の問題を含みます。)を主として出題します。

点数化して評価

英  語

 10:50~12:20

英語の基礎力を問う問題を主として出題します。

11月25日(日)

口述試験

  9:00~

志望動機,勉学に対する意欲,経済に関する問題意識などについて質問します。経済学部で学ぶ上で必要な英語や数学等に関する質問も含みます。

◎ 夜間主コ-ス

期  日

科目等

時  間

実施科目等の内容

評 価

11月24日(土)

専門科目(論文)

  9:00~10:30

経済に関する基礎的な問題(ただし,数学の問題を含みます。)を主として出題します。

点数化して評価

英  語

 10:50~12:20

英語の基礎力を問う問題を主として出題します。

11月25日(日)

口述試験

  9:00~

志望動機,勉学に対する意欲,経済に関する問題意識などについて質問します。経済学部で学ぶ上で必要な英語や数学等に関する質問も含みます。

(2)合否判定基準

専門科目(200点満点),英語(200点満点)及び口述試験(400点満点)の合計点を基礎にして,学業成績(成績証明書)の段階評価を加え,総合的に判定します。志望理由書は口述試験での参考資料として用います。

目次へ戻る

(推薦・一般編入学共通)

(推薦・一般編入学共通)

5.合格者発表

平成30年12月7日(金)12時(予定)
上記日時に,合格者の受験番号を経済学部ホームページに掲載し,合格者には合格通知書を郵送します。なお,電話等による照会には応じられません。

6.入学手続及び納入金

入学手続に関する詳細は,3月上旬に合格者あて別途通知します。

(1)手続期間

平成31年3月13日(水)から3月19日(火)午後5時まで(必着) ※郵送に限ります

(2)納入金

ア 入学料 282,000円(夜間主コースは,141,000円)
イ 授業料(年額)535,800円(夜間主コースは,267,900円)
①既納の入学料は,いかなる理由があっても返還しません。
②入学料の改定が行われた場合には,改定後の金額を納入することになります。
③在学中に授業料の改定が行われた場合には,改定後の授業料を納入することになります。
※ただし,上記記載の金額は,平成30年4月現在のものです。納入金の額及び具体的な納入の方法等の詳細については,平成31年3月を目途に別途ご案内する予定です。

7.編入学時期及び単位認定

(1)編入学時期は,平成31年4月1日とし,編入学年次は,第3年次とします。
(2)本学部が定めた認定基準により,単位の認定を行います。なお,編入学後の単位修得状況によっては,第3年次に編入学しても2年間で卒業できない場合があります。

8.受験上及び修学上の配慮を必要とする者の事前相談

障害のある者等,受験上及び修学上の配慮を必要とする者は,「12.問合せ先」に電話で連絡をしたうえで,次の事項を記載した申請書(様式任意)を経済学部入試担当に提出し,相談してください。

(1)相談の期限

点字による受験等の特別な準備を必要とする者については,出願受付開始日の3週間前までに相談してください。
その他の相談は,原則として出願受付開始日の1週間前までに相談してください。
なお,相談の内容によっては,対応に時間を要することもありますので,できるだけ早い時期に相談してください。

(2)申請書の記載内容

 

内  容

備  考

志願者の氏名,住所,連絡先電話番号

 

出身学校名

 

志望学部,学科,コース名,出願区分

出願区分は,推薦・一般の区分名を記入してください。

障害等の種類・程度

医師の診断書又は障害者手帳(写)を添付してください。

受験上の配慮を希望する事項

 

修学上の配慮を希望する事項

 

出身学校でとられていた配慮

 

日常生活の状況

 

9.学生宿舎について

入居募集要項は,平成30年12月頃以下の学生宿舎ホームページに掲載予定です。
なお,入居願等の提出期間は,平成31年1月中旬から2月上旬を予定していますので,ご注意ください。
詳細については,以下の学生宿舎ホームページをご覧ください。
学生宿舎ホームページ
https://www.hiroshima-u.ac.jp/nyugaku/shien/jyuukyo/gakuseisyukusya

10.ノートパソコンの必携化について

広島大学では,授業の履修登録や成績閲覧などの手続,教員や事務室からの連絡等を「学生情報の森 もみじ」というWebサイトを通じ行っており,平成27年度から,「高度情報化社会において情報通信技術の十分な活用能力を有する人材を持続的に輩出すること」,「情報通信技術を活用した先進的講義手法により教育力を強化すること」及び「各種配布物や提出物のペーパーレス化を推進すること」を目的としてパソコンの必携化を実施しています。 ついては,授業,講義レポートの作成や論文作成などでパソコンを利用することがありますので,教員の指示があった場合には持参できるように準備しておいてください。 なお,入学者が用意する必要のあるパソコンの要件(スペックなど)については,入学手続時等にご案内します。

11.注意事項

(1)出願に関する注意事項

1)出願書類に不備・不足がある場合及び「郵送が必要な出願書類等の提出期間」内に出願書類が到着しない場合は,受付できません。
2)受付後の出願書類の変更は,認めません。
3)受付後の出願書類は,いかなる理由があっても返還しません。
4) 「インターネット入力及び入学検定料の支払期間」後の入試区分,コース,試験区分(推薦又は一般)等に関係する項目の変更は,認めません。
5)出願資格を見込みで受験した合格者が,平成31年3月31日までに出願資格を取得できないことが確定した場合,合格・入学を取り消します。
6)提出書類等に虚偽の記載や詐称があることが判明した場合,合格・入学を取り消します。
7)日本国籍を有しない者が夜間主コースに入学しても在留資格「留学」を取得することはできません。また,入学後に他の在留資格から「留学」に変更することもできません。
8)入学者選抜を通じて取得した個人情報(氏名,生年月日,性別,その他の個人情報等)は,入学者選抜及び合格通知並びに入学手続に利用します。
 なお,希望した場合のみ,合格後の広島大学体育会・大学祭実行委員会及び広島大学消費生活協同組合資料の送付及び本学池の上学生宿舎入居者選考を行うために利用します。ただし,池の上学生宿舎入居者選考には,出願書類により取得した個人情報のみ利用します。
 合格者の個人情報は,入学後の学生支援関係(履修指導,奨学金申請,授業料免除申請,学生証発行等)業務及び調査・研究(入試の改善や志願者動向の調査・分析等)を行うために利用します。
 また,各種業務等での個人情報の利用にあたっては,一部の業務を本学から委託を受けた業者(以下「受託業者」という)において行うことがあります。この場合,受託業者に対して,委託した業務を遂行するために必要となる限度で,取得した個人情報の一部を提供します。

(2)受験に関する注意事項

1)受験者は,試験前日に経済学部玄関に掲示する「試験についての注意事項」を,試験当日,試験室又は控室に入室するまでに必ず確認しておいてください。なお,試験日前日は試験場の建物内へ入ることはできません。
2)面接等の実施当日は,試験開始時刻30分前までに試験室又は控室に入室してください。試験開始時刻後30分を超えたときは入室できません。この場合は,試験場事務室に申し出てください。
3)指定する実施科目等はすべて受験してください。なお,1つでも受験しなかった場合は合格者選考の対象となりません。
4)携行品は,編入学試験受験票,筆記用具(黒鉛筆,シャープペンシル,消しゴム,定規等),時計(計時機能だけのもの)を持参してください。詳細は,受験票とともに送付します受験案内をご覧ください。
5)携帯電話,スマートフォン,ウェアラブル端末,電子辞書,ICレコーダー等の電子機器類は,試験室に入る前に必ずアラームの設定を解除し,電源を切ってかばん等に入れておいてください。試験時間中に,これらの電子機器類,参考書をかばん等にしまわず,身につけていたり手に持っていると不正行為となることがあります。
6)試験場・試験室において,他の受験者に迷惑となるような行為や試験の公平性を損なう行為を行ってはいけません。また,監督者の指示には必ず従ってください。
7)受験滞在中の宿泊場所は,受験者で手配してください。
8)台風等による気象状況の悪化,流行性の伝染病等により入学試験実施が危ぶまれる場合は,広島大学経済学部ホームページ(https://www.hiroshima-u.ac.jp/econ)にて延期及び開始時間繰り下げ等の対応をお知らせしますので必ずご覧ください。

12.問合せ先

  〒739-8525 東広島市鏡山一丁目2番1号
  広島大学経済学部入試担当 ℡(082)424-7217
 E-mail: syakai-gaku-sien@office.hiroshima-u.ac.jp
      「@」は半角「@」に置き換えてください。
  問合せ対応時間:平日の午前9時から午後5時まで

 ※インターネット出願の操作等に関する不明点等は,次の連絡先に問い合わせてください。
  インターネット出願ヘルプデスク:050-3786-5124
  受付時間:午前10時から午後6時まで(4月~7月末日までの土日祝日及び年末年始(12月30日~1月3日)を除く)

目次へ戻る


up