概要

教育理念・目標

広島大学 経済学部は、広島大学5原則を活動の基本理念としています。

広島大学 理念5原則
  1. 平和を希求する精神
  2. 新たなる知の創造
  3. 豊かな人間性を培う教育
  4. 地域社会・国際社会との共存
  5. 絶えざる自己変革

広島大学 経済学部及び前身の政経学部の卒業生の多くは、現在、経済界・官界等実社会において指導的役割を担っています。 これら卒業生の活躍は、政経学部設立当初からの徹底した少人数教育による「豊かな人間性」を培う教育が結実したものと自負しています。 本学部では、こうした成果を踏まえ、今後も少人数教育を学部教育の柱として堅持していきます。

また、現在の変動の時代に即して、いかなる急激な変化にも対処し得る、基礎力ならびに応用力の修得を、教育における理念・目標としています。

沿革

  • 昭和24年5月  政経学部 政経学科 第一部(昼間部)が江波キャンパスに設置
  • 昭和25年4月  政経学部 政経学科 第二部(夜間部)の設置
  • 昭和32年4月  東千田キャンパスへの移転
  • 昭和34年4月  政治経済学専攻科(修業年限1年)(経済学専攻、政治学専攻)の設置
  • 昭和40年4月  政経学科から経済学科、法律政治学科への拡充改組
  • 昭和42年4月  経済学研究科 修士課程 経済学専攻の設置
  • 昭和52年5月  政経学部の経済学部、法学部分離による経済学部 経済学科の発足
  • 昭和61年4月  社会科学研究科 経済学専攻(博士課程前期・後期課程)の発足
  • 平成 元年5月  経済学部 附属地域経済研究センターの設置
  • 平成  7年4月  東広島キャンパスへの移転・経済学科 2コース制(昼間コース・夜間主コース)への改組
  • 平成11年4月  経済学部 附属地域経済システム研究センターの発足
  • 平成12年4月  夜間大学院(マネジメント専攻)の設置
  • 平成13年4月  経済学専攻 ファイナンス講座(大学院独立講座)の設置
  • 平成16年4月  大学院社会科学研究科の改組(大学院講座化)

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)


up