経済学会

広島大学経済学会とは

広島大学経済学会は、研究会・講演会の開催および『廣島大學經濟論叢』(年2~3回)、『広島大学経済研究双書』(不定期)、『Discussion Paper Series』の発行を行っています。

組織 事務所は人文社会科学専攻経済学プログラムにおかれ、会長は経済学プログラム(専攻)長が務めています。また,経済学プログラムおよび研究科付属地域経済システム研究センター所属の教員によって評議員会が組織されています。

会員資格 普通会員の資格は以下のようになっています。(広島大学経済学会会則より)

経済学プログラムおよび研究科付属地域経済システム研究センター所属の教員

経済学学部在学生、卒業生(政経学部経済学科、政経学部第二経済学科及び経済学部第二部卒業生を含む)

経済学プログラム、社会経済システム専攻在学生、修了生(大学院経済学研究科および大学院社会科学研究科経済学専攻および大学院社会経済システム専攻修了生を含む)

特別に入会を希望する者で、評議員会の承認を得た者

普通会員の会費は年額4,000円であり、会員は機関紙の配布を受け、経済学会が主催する講演会、研究会、学会等に出席することができるほか、研究調査の活動に必要な便宜を与えられることが定められています。


up