経済学部 教育課程編成・実施の方針

経済学科昼間コース「現代経済プログラム」

現代経済プログラムでは,ディプロマ・ポリシーで設定した「到達目標」に到達し,「演習」,「卒業論文」を履修することにより「身につける力」を修得するために,次の方針のもとに教育課程を編成し実施します。
本プログラムのカリキュラムは,経済学の基本的知識の修得と,それを基にした経済学各分野の専門的能力の育成を柱としています。到達目標に到達するために必要な基礎的科目を1年次から順次修得して,その上でより高度な専門的・実践的科目を修得するように授業を編成しています。

まず,到達目標へ円滑に到達するため及び専門科目の効果的学習のための基礎的科目である教養教育科目として「基盤科目」・「教養ゼミ」・「平和科目」を履修します。
次に各学生が以下の「身につける力」に対応した専門基礎科目,専門科目を選択し履修します。

身につける力(1)では,1年次から2年次にかけて専門基礎科目で数理的分析手法を学んだ上で,2年次から4年次にかけて理論・計量経済学の専門科目を履修します。
身につける力(2)では,1年次から2年次にかけて専門基礎科目で経済史の基礎を学んだ上で,2年次から4年次にかけて歴史経済学の専門科目を履修します。
身につける力(3)では,1年次から2年次にかけて専門基礎科目で経済政策の基礎を学んだ上で,2年次から4年次にかけて経済政策・環境経済学の専門科目を履修します。
身につける力(4)では,1年次から2年次にかけて専門基礎科目で金融,財政,労働経済学の基礎を学んだ上で,2年次から4年次にかけて応用経済学の専門科目を履修します。
教養教育科目,専門基礎科目,専門科目を履修することにより,教養教育科目,専門基礎科目修了時に,「到達目標(1)」,専門科目修了時に「到達目標(2)」に到達します。
3年次では,少人数教育の徹底化と一般の講義では欠落しがちな教員と学生及び学生相互間の人間的な切磋琢磨する「演習」を履修します。
4年次では,「卒業論文」を履修し卒業論文を提出することを可能としています。卒業論文を作成することによって,専門的知識の応用能力や論考する能力を鍛えるとともに,プレゼンテーション能力を養います。

なお,学習の成果は,各科目の成績評価と共に,本教育プログラムで設定する到達目標への到達度で評価します。
また,国際的な視野を持った人材を育成するため,外国の大学等での学修の単位認定や短期海外派遣学生に「演習」・「卒業論文」の履修に配慮するといった留学可能なカリキュラムとなっています。

経済学科夜間主コース「経済・経営統合プログラム」

経済・経営統合プログラムでは,ディプロマ・ポリシーで設定した「到達目標」に到達し,「演習」を履修することで「身につける力」を修得するために,次の方針のもとに教育課程を編成し,実施します。

本プログラムのカリキュラムは,経済学・経営学に関する基本的知識の修得と,それを基にした経済学・経営学各分野の専門的能力の育成を柱としています。到達目標に到達するために必要な基礎的科目を1年次から順次修得して,その上でより高度な専門的・実践的科目を修得するように授業を編成しています。

まず,到達目標へ円滑に到達するため及び専門科目の効果的学習のための基礎的科目である教養教育科目として「基盤科目」・「教養ゼミ」・「平和科目」を履修します。
次に,1年次から2年次にかけて専門基礎科目の経済基礎ユニット及び経営基礎ユニットから,2年次から4年次にかけて専門科目の経済応用ユニット及び経営応用ユニットからそれぞれ履修し,教養教育科目,専門基礎科目修了時に「到達目標(1)」,専門科目修了時に「到達目標(2)」に到達します。
3年次では,少人数教育の徹底化と一般の講義では欠落しがちな教員と学生及び学生相互間の人間的な切磋琢磨する「演習」を履修します。
学習の成果は,各科目の成績評価と共に,本教育プログラムで設定する到達目標への到達度で評価します。


up