三つのポリシー(全学版)

序文

広島大学は,「自由で平和な一つの大学」という建学の精神の下,「平和を希求する精神」「新たなる知の創造」「豊かな人間性を培う教育」「地域社会・国際社会との共存」「絶えざる自己変革」を理念5原則としています。本学の伝統と実績を活かした教養教育を根幹に「平和を希求する国際的教養人」の養成を行うとともに,世界トップレベルの研究に裏打ちされた国際的に通用する専門教育を提供し,世界や地域社会で活躍する人材の養成を行うことにより,国立大学としての使命を果たします。

学士課程

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学の理念5原則に基づき,学士課程において,次の方針に従って当該学位を授与します。

1.各学部の教育理念により設定された教育プログラムを履修し,基準となる単位を修得すると共に規定の到達目標に達し,かつ当該学部が定める審査に合格した学生に学位を授与します。
2.全ての教育プログラムにおいては,幅広く深い教養と平和を希求するグローバルな視野や総合的な判断力を培い,豊かな人間性を涵養することを目指す教養教育と,各学部の特性に応じた到達目標を達成するよう編成された専門教育を履修していることが,主な基準となります。

学部別の卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)へ

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学の理念5原則に基づき,学士課程において,次の方針に従って教育課程を編成し,実践します。

1.教養教育では,平和を希求し,幅広く深い教養と総合的な判断力を培い,豊かな人間性を涵養することを目指し,さらに実用的外国語運用能力,国際的視野や異文化理解能力,情報活用能力やコミュニケーション能力を養成します。
2.専門教育では,各学部の特性に応じて編成された教育プログラムの到達目標を達成することを目指し,地域社会及び国際社会において指導的な活動をするための創造力と実践性を備えた高度な専門基礎力を養成します。
3.学士課程教育では,社会の変化に際してもグローバルな視野をもって思考して常に平和を希求し,自主的,積極的に対応できる能力を獲得させるために,生涯において主体的に学修に取り組む人材を養成します。
4.学修の成果は,各科目の成績評価と共に各教育プログラムで設定する到達目標への到達度の2つで評価します。

学部別の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)へ

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

広島大学は,次のような人の入学を期待します。

1.豊かな心を持ち平和に貢献したい人
2.知の探究・創造・発展に意欲のある人
3.専門知識・技術を身につけ,社会の発展に貢献したい人
4.多様な文化・価値観を学び,地域・国際社会で活躍したい人

各学部・学科等では,これらの人を受け入れるため,それぞれのディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ,入学者に求める能力やその評価方法を,知識・技能,思考力・判断力・表現力,主体性・協働性などと関連付けて明示し,多面的・総合的な評価による選抜を実施します。

学部別の入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)へ

 

大学院課程

広島大学では、平成31年4月に大学院統合生命科学研究科及び大学院医系科学研究科を設置します。この研究科再編に伴い、全学版の3つのポリシーを新たに策定しました。

また、現在、設置している研究科の3つのポリシーは以下からご覧ください。


up