経済学部 卒業認定・学位授与の方針

経済学科昼間コース「現代経済プログラム」

現代経済プログラムでは,経済学に関する基本的知識を修得し,それを基にした,専門的能力を身につけることによって,複雑化する現代社会において,経済問題の分析や解決が可能な,国際的な視野を持った人材を育成します。更には海外留学や大学院進学の推奨などによって,より高度な専門的知識を持った人材の育成を目指します。このため本プログラムでは,次の2段階の「到達目標」を設定し,さらに「演習」,「卒業論文」を通じて,以下の「身につける力」を身につけ,教育課程によって定められた基準の単位数を修得した学生に「学士(経済学)」の学位を授与します。

「到達目標」
(1)第一到達目標は,新聞その他報道等の情報と経済学の各分野の基本的知識を連結できるといった経済学に関する基本的知識を修得すること。
(2)第二到達目標は,様々な社会現象に対して,各分野の専門的見地から一定の論述ができるといった各学科目の専門的知識を修得すること。

「身につける力」
(1)グローバルな経済の分析や予測を数理的分析手法により行うことができる。
(2)社会経済の動向を長期的な歴史的視野から見通すことができる。
(3)地球規模の環境問題などに対しグローバルな視点から政策を立案して実行できる。
(4)社会福祉や資金調達などの生活に密着した問題を専門的知識・手法を応用することにより解決できる。

経済学科夜間主コース「経済・経営統合プログラム」

社会における経済活動の在り方を研究する経済学と,営利・非営利のあらゆる「継続的事業体」における組織活動の企画・経営に関する科学的知識の体系である経営学は,社会科学研究の両輪です。高校卒業とともに入学する一般的な大学生のみならず,勤労学生,専業主婦を含む社会人,「AO入試(フェニックス方式)」を活用した高齢者など,一般市民向けの生涯教育も担う,広島大学東千田キャンパスで,夜間授業帯において提供される,経済学と経営学を統合した本プログラムは,複雑化する現代社会において,経済・経営問題の分析や解決が可能な,国際的視野を持った人材を育成することを目標とします。更には海外留学や大学院進学の推奨などによって,より高度な専門的知識を持った人材の育成を目指します。このため本プログラムでは,次の2段階の「到達目標」を設定し,さらに「演習」を通じて,以下の「身に付ける力」を身につけ,教育課程によって定められた基準の単位数を修得した学生に「学士(経済学)」の学位を授与します。

「到達目標」
(1)第一到達目標は,新聞その他報道等の情報と経済学・経営学の各分野の基本的知識を連結できるといった経済学,経営学,会計学,情報科学に関する基本的知識を修得すること。
(2)第二到達目標は,様々な社会現象に対して,各分野の専門的見地から一定の論述ができるといった各ユニットの専門的知識を修得すること。

「身に付ける力」
(1)中国地方における中核人材として活躍するため,地域経済/組織経営に関する専門的知識を活用できる。
(2)全国レベルで活躍できる中核人材となるため,学部教育と大学院教育が一体的に組み合わさったカリキュラム編成により,経済学,経営学,会計学,情報科学に関する専門的知識を応用することが可能な,高度な能力を発揮できる。


up