金子新教授が東広島市生涯学習フェスティバルに出展しました



11月2日(土)~3日(日)、第23回東広島市生涯学習フェスティバルが開催され、大学院工学研究院 社会環境空間部門の金子 新教授が出展しました。「厳島神社冠水の謎を解く」と題する出展ブースへは、212名の方に訪問いただきました。

9~10月の晴天時の大潮時に、厳島神社回廊が突然冠水するのはなぜか!?

特に、2001年9月と2011年9月に発生した厳島神社回廊の冠水は大きなニュースとなり、その原因については謎とされてきました。

この謎について、金子教授や海洋大気圏システム研究室のスタッフが、パネルやアニメーションを使ってわかりやすく説明すると、来場者は真剣に聞き入り感嘆の声を上げていました。

代替テキスト

金子教授(写真左から2人目)

【この記事に関する問い合わせ先】

大学院工学研究院 社会環境空間部門

教授 金子 新

TEL:082-424-7625


up