• ホームHome
  • 大学院工学研究科・工学部
  • 【受賞】機械物理工学専攻のPAL PRATIBHAさん ほか3名が 12th International Conference on Ceramic Materials and Components for Energy and Environmental Applications・Poster Winnerを受賞しました

【受賞】機械物理工学専攻のPAL PRATIBHAさん ほか3名が 12th International Conference on Ceramic Materials and Components for Energy and Environmental Applications・Poster Winnerを受賞しました

広島大学大学院工学研究科 機械物理工学専攻 博士課程後期1年のPAL PRATIBHAさん、自然科学研究支援開発センター JAIN ANKUR特任准教授、宮岡 裕樹准教授、広島大学大学院工学研究科 機械物理工学専攻 市川 貴之教授が、12th International Conference on Ceramic Materials and Components for Energy and Environmental Applications・Poster Winnerを受賞しました。
同賞は、シンガポールで開催された12th International Conference on Ceramic Materials and Components for Energy and Environmental Applications のポスターセッションにおいて「Hydrogen Desorption and effect of KH as a catalyst on kinetics of light weight complex solid state storage systems」が優れた発表であると評価されたため、授与されました。
(受賞日:2018年7月26日)

 

 

【この記事に関するお問い合わせ先】
 広島大学大学院工学研究科 機械物理工学専攻(量子材料工学研究室)
 教授  市川 貴之
 TEL:082-424-4596

【機械物理工学専攻のページへ】

【受賞者一覧のページへ】


up