東広島市生涯学習フェスティバルでの4Dシアター上映

11月17-18日に東広島芸術文化ホールくららで開催される東広島市生涯学習フェスティバルにおいて、昨年度に続き本年度も、国立天文台の四次元デジタル宇宙シアターシステムを用いた星空と宇宙の解説を行います。 上映は1回あたり30分(定員40名)で、11月18日(日)の計6回(初回の開始10時、最終回の開始14時45分)となっています。 詳細は、以下のリンク先をご参照願います。


up