研究・教育活動

研究・教育活動の概要

広島大学宇宙科学センターでは、2006年4月に附属東広島天文台へ移設され、観測が行われている1.5m光学赤外線望遠鏡「かなた」を用いて、宇宙で激しく変動する高エネルギー現象の物理的解明を目指しています。

この観測研究には、かなた望遠鏡の豊富な観測時間を活用した可視光・近赤外線の重点的観測のほかに、広島大学が開発に貢献しているガンマ線衛星Fermi(旧名: GLAST)や、X線衛星すざくなどの高エネルギー天文衛星との連携も重視されています。かなた望遠鏡の制御系を最新鋭の機構に改造し、観測天体に特化した観測装置を自前で開発して望遠鏡に搭載することで、世界的にも稀な観測体制を敷き、高エネルギー宇宙現象の解明に努めています。

なお、1.5mかなた望遠鏡は科学研究を目的とした運用が第一優先となりますが、広島大学をはじめとする西日本の大学の学部生教育および大学院生教育にも活用されていますし、限定的ではありますが、施設公開やセミナー、夜間観望会、高校生むけ観測実習、インターネット画像配信を通じて、広く市民の皆さんに最先端の科学を身近に感じてもらうことができる機会を設けています。
(最終更新:2011年11月4日)

研究・開発

研究テーマ

装置開発

研究成果など

他機関などとの共同研究

教育・普及活動

◇ 大学生教育(卒業研究)

◇ 大学院生教育(観測/開発研究)

◇ 公開講演会、出張授業等

施設公開

宇宙科学センターでの研究に興味がある大学生の皆さんへ

◇ 大学院生(修士・博士)および学部4年生(卒業研究)の受け入れ

GLAST開発貢献に対する大杉センター長へのNASAゴダード宇宙飛行センターからの感謝状

GLAST(Fermi衛星)開発貢献に関するNASAゴダード宇宙飛行センターから大杉センター長への感謝状


up