第12回広島大学ホームカミングデー(東千田キャンパス)を開催しました

 平成30年11月4日(日)、第12回 広島大学ホームカミングデー(法務研究科企画)を東千田未来創生センターにおいて開催しました。法曹界の第一線で活躍される亀石倫子弁護士(大阪弁護士会)と久保豊年弁護士(広島弁護士会)をお招きし、「刑事弁護の最前線と法曹養成」をテーマとした講演会及びパネルディスカッションを行いました。

 当日は、在学生、教職員、一般市民の皆様が来場され、参加者は最高裁のGPS捜査違法判決及び逆転無罪判決を導かれたそれぞれの刑事弁護について、熱心に聞き入っていました。参加者からは「前例のない事件に弁護団の力を合わせて頑張られてすごいと思いました」、「新聞では報道されない事実や自分自身が考えたことがない視点に気づかされた」などの意見が寄せられました。

 ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

 11月14日(水)、亀石弁護士は、講演の中でお話をされていたタトゥー医師法裁判で、逆転無罪判決を勝ち取られました。

▼講演会及びパネルディスカッションの写真

開会の挨拶をする秋野法務研究科長

司会進行及びコーディネーターを務める堀田先生

ホームカミングデーで講演される亀石倫子弁護士
(講題)「GPS捜査事件~大法廷判決までの道のり~」

ホームカミングデーで講演される久保豊年弁護士
(講題)「最高裁逆転無罪~リアル99.9の奇跡~」

講演会の様子

パネルディスカッションの様子

問い合わせ先

広島大学東千田地区支援室
電話:082-542-7014
E-Mail:senda-bk-sien*office.hiroshima-u.ac.jp
(*は半角の@に変換して@送信してください)


up