• ホームHome
  • 生物生産学部
  • 朝日新聞(1/21)で大塚攻教授らのチームがまとめた研究成果に関する記事が掲載されました

朝日新聞(1/21)で大塚攻教授らのチームがまとめた研究成果に関する記事が掲載されました

2018年1月21日の朝日新聞に、大塚攻教授らのチームがまとめた研究成果に関する記事が掲載されました。

タコが様々な動物に擬態することは知られていますが、二枚貝での擬態は極めて珍しい現象です。しかも1種が2種類の有毒動物に擬態する報告はこれまでないと思われます。フィリピン・パラワン島に生息しているベッコウマメアゲマキという殻が1.5 cm程度の種で、擬態は魚類からの捕食回避のためと考えられます。

詳細は以下のサイトをご覧ください。

朝日新聞デジタル


up