【受賞】量子物質科学プログラムの低温物理学研究室の学生らが日本物理学会JPSJ Papers of Editors' Choiceを受賞しました

 広島大学大学院先進理工系科学研究科 量子物質科学プログラムの低温物理学研究室の学生らが日本物理学会 JPSJ Papers of Editors’ Choiceを受賞しました。
2021年11月に発行された日本物理学会の英文学会誌”Journal of the Physical Society of Japan (JPSJ), Vol.90, 124702 (2021)”に掲載された論文”On Dielectric Screening in Twisted Double Bilayer Graphene”が注目論文に値すると認められたものです。
受賞者は以下のとおりです。(学年は受賞当時のもの)

  • 博士課程前期2年  向井 文哉
  • 博士課程前期修了 堀井 幸多
  • 博士課程前期1年  秦 なずな
  • 博士課程後期3年  戎岡 亮哉
  • 准教授      八木 隆多
  • 学外研究機関の研究員 2名

(受賞日:2021年11月2日)

 

量子物質科学プログラムのページ

 

 

 

 

 

【この記事に関するお問合せ先】

大学院先進理工系科学研究科 量子物質科学プログラム 低温物理学研究室
准教授  八木 隆多
TEL:082-424-7041


up