受賞

平成30年度受賞者一覧

  • 【第2回バイオインダストリー奨励賞】
    分子生命機能科学専攻 准教授  廣田 隆一 (2018年10月10日)
    受賞理由:受賞者が進めている研究である、「リン代謝経路のデザインによる遺伝子組換え生物のバイオセーフティ技術開発」が、バイオサイエンス、バイオテクノロジーに関連する応用を指向した有望な研究業績として評価されたため。
    授与者:バイオインダストリー協会 代表理事 会長
     
  • 【第26回生物工学論文賞】
    分子生命機能科学専攻 准教授  青井 議輝 他学外者2名 (2018年9月5日)
    受賞理由: Journal of Bioscience and Bioengineering 誌に掲載された論文 「pH-gradient ion-exchange microbial cell chromatography as a simple method for microbial separation」 が2017年に同誌に掲載された論文の中で特に優秀な論文と認められたため。
    授与者:日本生物工学会会長
     
  • 【第7回 生物工学学生優秀賞(飛翔賞)】
    分子生命機能科学専攻 博士課程後期1年 堀 采音(2018年9月5日)
    受賞理由 : 免疫グロブリン製剤による新たな免疫抑制作用の発見に係る優れた研究成果を上げ、生物工学分野における若手研究者として今後の更なる活躍が期待されると評価されたため。
    授与者 : 日本生物工学会会長
     
  • 【JSPS日中韓フォーサイト事業・The 3rd A3 Foresight Symposium on “Chemical & Synthetic Biology of Natural Products” Best Oral Presentation Award】
    分子生命機能科学専攻 博士課程後期1年 手島 愛子(2018年7月10日)
    受賞理由 : JSPS日中韓フォーサイト事業・The 3rd A3 Foresight Symposium on “Chemical & Synthetic Biology of Natural Products” において、“A reductase gene srrG is involved in the biosynthesis of signaling molecules SRBs that induce antibiotic production in Streptomyces rochei”というタイトルで口頭発表を行い、発表内容に秀でており、今後の活躍がたいへん期待されたため。
    授与者 : 日中韓フォーサイト事業「ケミカルバイオロジー」代表者
     
  • 【J-Physics 2018:International Workshop on New Materials and Crystal Growth BEST POSTER AWARD】
    量子物質科学専攻 博士課程前期1年 山本 理香子(2018年6月30日)
    受賞理由:J-Physics 2018:International Workshop on New Materials and Crystal Growth において行ったポスター発表「題目:Crystalline electric field ground state and antiferromagnetic order of NdT2Zn20(T=Co,Rh)」が特に優秀と認められたため。
    授与者 : 新学術領域「J-Physics : 多極子伝導系の物理」領域代表
     
  • 【環境バイオテクノロジー学会 2018年度筑波大会 優秀ポスター賞】
    分子生命機能科学専攻 博士課程前期1年 佐野 公亮(2018年6月25日)
    受賞理由:環境バイオテクノロジー学会2018年度筑波大会で発表したポスター「リン代謝経路の改変によるシアノバクテリアの生物学的封じ込め手法の開発」が特に優秀であると認められたため。
    授与者:環境バイオテクノロジー学会 2018年度大会実行委員長
     
  • 【2018年度(第22回)生物機能研究会・一般講演の部 優秀発表賞】
    分子生命機能科学専攻 博士課程後期1年 堀 采音(2018年6月16日)
    受賞理由:2018年度(第22回)生物機能研究会・一般講演の部における口頭発表「ヒト免疫グロブリンは免疫活性化状態に応じて異なる免疫細胞サブセットを制御する」が極めて優れたものであると認められたため。
    授与者:第22回生物機能研究会 世話人
     
  • 【Journal of the Physical Society of Japan 2017 Highly Cited Article】
    量子物質科学専攻 教授 鬼丸 孝博(2018年5月22日)
    受賞理由:2016年にJournal of the Physical Society of Japan に掲載された論文が、2017年の1年間において被引用数が多かったトップ10の論文に選出されたため。
    授与者:一般社団法人日本物理学会 JPSJ編集委員長
     
  • 【平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞】
    量子物質科学専攻 助教  富永 依里子(2018年4月17日)
    受賞理由:「結晶欠陥を活用した発光素子向け新機能発現半導体混晶の研究」が科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めたと評価されたため。
    授与者:文部科学大臣

過去の受賞者一覧


up