概要

教育理念

21世紀の歯科医療人に求められるのは、急速な生命科学の進歩を理解し、生物学的根拠に基づく個体を対象とした病因の特定と、それを標的とした予防・診断・治療を開発し実践できる人材です。広島大学歯学部では、高度な学識と医療技術、科学的探究心を身につけさせ、豊かな人間性を培った21世紀の医療分野で活躍する歯科医療人を育成します。そして、歯科医学、歯科医療、口腔保健及び福祉の分野において、人と社会のために貢献し国際的に活躍できる人材を輩出します。

求める学生像

歯学部では、入学段階において、将来医療人となるための十分な豊かな人間性を備えていると同時に、専門職医療人として高度な学識と医療技術を身につけるための科学的探究心をもち、幅広い知識を統合して問題解決を図ることができ、国際社会で活躍する強い意志を持った学生を求めます。

口腔の専門科学者、そして人体を深く理解する「生命科学者」へ。患者中心の全人的歯科医療に対応する人材を育てます。

歯科疾患は、全身の健康に大きく影響するという近年の歯科医学をふまえて、歯を削り詰め物をする従来の歯科治療ではなく、各分野の専門家チームによる患者中心の全人的歯科医療に対応するために、バイオデンタル教育を実施しています。歯学科では歯科臨床医、教育・研究者を、口腔健康科学科では、歯科衛生士・歯科技工士を養成します。専門教育と併せて両学科の共通教育も実施し、将来のチーム医療への導入を図っています。

歯学科

■臨床歯科医学コース
先端歯科医療の理論と技能の修得や、患者中心の全人的な歯科医療とは何かについて学びます。演習や実習などを豊富に取り入れた科目構成で、高度な歯科医療技術と研究心を持つ臨床歯科医を目指します。
■最先端歯学研究コース
国際社会で活躍する歯科医学の教育者・研究者の育成に向けて、早期から研究マインドを培う授業を開始。教員・大学院生の研究への参加や、自分のテーマでの実験も担当。多くの学生が大学院を志望しています。
■国際歯学コース(平成24年度開設)
急速にグローバル化が進むアジア諸国の歯学部学生を、2年次から5年次まで招聘するコースです。本コースの開設に伴い、歯学科の専門課程(2年次以降)において、大半の授業が英語・日本語併用制となりました。多文化共生型の教育環境とすることで、次世代歯科医療のリーダーシップを担う人材を育成する先進的な試みが始まっています。

口腔健康科学科

■口腔保健学専攻
歯科衛生士養成機関であり、養護教諭免許も取得できる専攻です。口腔保健の専門家として医療・福祉の知識や技術を学ぶと同時に、教育や看護、さらに全身的な健康管理能力も身につけます。
■口腔工学専攻
西日本で唯一の4年制の歯科技工士を育成する専攻です。ナノテク・バイオメカニクス、組織培養研究に関わる実習やスポーツ歯学など、工学から生物学までの幅広い実力を基礎から実践的に培います。

 


up