学科紹介

口腔の専門医療人、そして人体を深く理解する「生命科学者」へ。

歯科疾患は、全身の健康に大きく影響するという近年の歯科医学をふまえて、歯を削り詰め物をする従来の歯科治療から脱却し、各分野の専門家チームによる患者中心の全人的歯科医療に対応できる人材育成を目指しています。歯学科では歯科医師、口腔健康科学科では、歯科衛生士及び歯科技工士、さらに教育・研究者となるために必要な教育を行っています。
本学部が歯科医療に関わる全職種(歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士)の学士過程を有していることを生かし、学科・専攻を超えた教育を実施しています。 さらに、薬学部や医学部との共通教育を実施し、将来のチーム医療への導入を図っています。

カリキュラム

広島大学歯学部の魅力

バイオデンタル教育

歯学科と口腔健康科学科における教育の共通基盤となるのが「バイオデンティストリー」です。バイオデンティストリーとは、バイオロジー(生物学)とデンティストリー(歯科医学)を掛け合わせた、広島大学歯学部オリジナルの造語で、「生物学に基づく歯科医学」という意味です。
歯科医療では、う蝕や歯周病を治療するだけでなく、患者の全身状態についても判断する必要があります。全身疾患と歯科疾患は、一見無関係に見えますが、実は密接な関連があるのです。
そうは言っても、口腔と全身のつながりをただ感覚的に理解することは困難です。体の何処かで生じている現象をマクロの視点で眺めるだけでなく、細胞・分子・遺伝子レベルの動態とリンクさせて初めて生体の精密なメカニズムや、それに異常が生じた際に引き起こされる様々な病気の原因が理解できるようになります。
従来型教育では、基礎系歯科医学と臨床系歯科医学を基本的には個別に教えますので、学生が両者のつながりをきちんと理解できているかは、個々の学習や理解度に委ねられているところがあります。バイオデンタル教育では、アウトカム基盤型教育の概念に基づくカリキュラム設計や多様な研究教育を通じて基礎系歯科医学と臨床系歯科医学をしっかりとリンクさせています。

研究マインドを育む歯科研究教育

歯学科の学生は、4年生から全研究室の中から一つの研究室に入って研究実習を行います。研究成果は研究発表会で発表し、教員を交えたディス力ッションを行います。口腔健康科学科では、口腔保健学専攻3分野、口腔工学専攻3分野の教員の指導の下に研究を行います。研究発表会は、両専攻と県立広島大学人間文化学部健康科学科との共同で開催され、活発な議論が行われます。
研究実習では、学生に一つの研究テーマを設定し、個性に合わせたきめ細かな指導を行いますが、単に研究手法の修得を目指しているのではありません。最先端の研究成果は、医療現場に適切にフィードバックする必要があり、医療現場で遭遇する様々な課題は、科学的手法を用いて解決しなくてはなりません。このように臨床と研究とを関連づけていかなければ医療を進歩させることはできませんが、最先端の歯学研究を実践的に学ぶことにより、臨床と研究双方が欠かせない密接な存在であることに気づくことでしょう。研究と臨床の重要性に気づき、さらに続けてこれらを学んでいくことにより、高度な医療技術や学識を備えた歯科医療人が生まれるのです。

国際化

歯学部では、『国際的に活躍できる歯科医療人』の育成を教育目標に掲げ、大学院生、若手研究者レベルの国際交流を活性化するとともに、交流の枠を学部学生にも拡大することを目的とし、国際歯学コースを開設しました。現在歯学科ではすべての科目で、口腔健康科学科では一部の科目で日本語・英語併用授業が行われています。東南アジアの姉妹校から選抜された留学生が2年生から5年生の間、国際歯学コース生として広島大学歯学部生とともに科目を受けることが可能となりました。クラスに優秀で意欲的な留学生が編入し、同じ科目を共に学ぶことにより相互理解も進み、国際感覚が養われていきます。
広島大学歯学部の国際交流協定校は、ヨーロッパ、米国を中心とした歯科先進国、アジア諸国で発展途上の国々などに存在し、学部学生の相互留学を積極的に推進しています。夏休みや、春休みに奨学制度を利用して海外へ短期留学する広島大学歯学部学生も増加しています。更に、TOEICで一定以上の高得点をとった学生には、上級レベルの英語クラスが用意されています。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

歯学科・口腔健康科学科の詳細は以下をご覧下さい


up