歯学科で学べること

1年次で教養教育科目を学び、3年次後期から2つの専門コースへ

歯学科では、2年次より専門共通コア科目を履修し、5年次前期まで専門科目を学びます。3年次後期になると専門共通コア科目に加え、最先端歯学研究コース、臨床歯科医学コースに分かれ、それぞれのコース別科目を修得することになります。

歯学科は、全国の歯学系大学の中で唯一コース制の教育、すなわち最先端歯学研究コースと臨床歯科医学コースの2コース制を取り入れています。コース制教育を通じて学生の個性をのばし、歯科医学や歯科医療分野のリーダーとなる歯科医師、研究者、教育者の育成を目指します。
しかし、コース制教育の導入は研究や臨床に特化した人材の育成を目指しているのではありません。それぞれのコースで最先端歯学研究と臨床歯科医学のコラボレーションの重要性を実感し、自ら新領域を開拓する熱いハートをもった歯科医療人の育成を目指します。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

各コースの詳細は以下をご覧下さい

臨床歯科医学コースへのリンク
臨床歯科医学コース

 

先端歯科医学の理論と実際を修得し、歯科医療をリードする臨床医に

最先端歯学研究コースへのリンク
最先端歯学研究コース

 

国際社会で活躍できる歯科医学の教育者・研究者を養成


up