歯学部紹介

教育理念

21世紀の歯科医療人に求められるのは、急速な生命科学の進歩を理解し、生物学的根拠に基づく個体を対象とした病因の特定と、それを標的とした予防・診断・治療を開発し実践できる人材です。広島大学歯学部では、高度な学識と医療技術、科学的探究心を身につけさせ、豊かな人間性を培った21世紀の医療分野で活躍する歯科医療人を育成します。そして、歯科医学、歯科医療、口腔保健及び福祉の分野において、人と社会のために貢献し国際的に活躍できる人材を輩出します。

求める学生像

歯学部では、入学段階において、将来医療人となるための十分な豊かな人間性を備えていると同時に、専門職医療人として高度な学識と医療技術を身につけるための科学的探究心をもち、幅広い知識を統合して問題解決を図ることができ、国際社会で活躍する強い意志を持った学生を求めます。

口腔の専門医療人、そして人体を深く理解する「生命科学者」へ。

歯科疾患は、全身の健康に大きく影響するという近年の歯科医学をふまえて、歯を削り詰め物をする従来の歯科治療から脱却し、各分野の専門家チームによる患者中心の全人的歯科医療に対応できる人材育成を目指しています。歯学科では歯科医師、口腔健康科学科では、歯科衛生士及び歯科技工士、さらに教育・研究者となるために必要な教育を行っています。
本学部が歯科医療に関わる全職種(歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士)の学士過程を有していることを生かし、学科・専攻を超えた教育を実施しています。 さらに、医学部や薬学部との共通教育を実施し、将来のチーム医療への導入を図っています。

歯学科・口腔健康科学科の詳細は以下をご覧下さい


up