口腔工学専攻

工学から生物まで、幅広い知識を備えた歯科技工士を育てる

本専攻は、4年制の歯科技工士養成機関です。歯科技工士の資格取得を目指すだけではなく、ナノテク、バイオメカニクス、システム工学、組織培養の研究的要素を盛り込んだ実習やスポーツ歯学など、工学から生物学までを網羅した教育を行っています。また、歯科医学の知識を幅広く医療分野で生かすために、かづきれいこ氏による「フェイシャルセラピスト養成講座」や日本組織培養学会の「細胞培養実習」などの全国的にも貴重な授業を集中講座として実施しています。「オンリーワン」から「ナンバーワン」を目指して、医療マインドのある研究者と研究マインドのある専門職能人を育成します。

取得可能免許・資格

歯科技工士国家試験受験資格、フェイシャルセラピスト資格認定、細胞工学士資格認定

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学生の声(「広島大学で何が学べるか2019」から転載)

秋田 優里菜さん(口腔工学専攻 4年次生(平成29年度))

次世代の技工士の可能性を広げる学び

歯科技工に必要な知識や技術だけではなく、人工ボディ(指、眼窩部)の製作やシステム工学(CAD/CAMなど)、細胞培養など、次世代の技工士の可能性を広げる幅広い知識とスキルを身につけることができます。私たちと一緒に学び、充実した楽しい大学生活を送りましょう。

研究テーマ「シリコンを用いた手術支援模型の作成」


up