口腔保健学専攻で学べること

4年制の歯科衛生士養成機関で、養護教諭一種免許状も取得可能です。教養教育で医療人としての基盤をつくり、多職種連携教育や歯学部合同授業を通じて幅広い専門知識を修得します。3年次後期から広島大学病院や実習施設での臨床・臨地実習が行われます。全国各地の病院や診療所での勤務、口腔保健分野の教員や養護教諭、研究者など、卒業後の進路は様々です。企業や行政で活躍する卒業生も数多くいます。

臨床実習風景

栄養指導学演習での調理実習

取得可能免許・資格

歯科衛生士国家試験受験資格、養護教諭一種免許状

 

学生の声

杉原 奈央子さん(口腔保健学専攻 4年次生(平成29年度))

疾患を予防する仕事に魅力を感じて

他大学を卒業し働いていましたが、もっと人の役に立つ技術を身につけたいと思い、口腔の健康づくりから全身の健康づくりを支援する歯科衛生士の仕事に魅力を感じ、本専攻を志望しました。歯科はもちろん、全身疾患やリハビリテーションを含めて幅広く学べ、これからの歯科医療に向けた新たな知見を得られます。人の役に立ちたいと自ら考え行動し、働きたいと思う人にとって学ぶところが大きい学科だと思います。

段 愛生さん(口腔保健学専攻 4年次生(令和2年度))

技術と教養を備えた歯科衛生士に

学生間での実習や臨床実習を通して、歯科衛生士としての技術や人との接し方についてしっかりと学ぶことができます。また教養教育の授業もあるため、知識が増え、就職の幅が広がることも魅力の一つだと思います。

佐々木 美緒さん(口腔保健学専攻 3年次生(令和2年度))

成長への刺激を促す、多様な人たちとの出会い

母が歯科衛生士だったこともあり、同じ分野が目指せる口腔保健学を志望しました。歯科衛生士になるには大学以外の道もありますが、敢えて大学を選んだのには、今後「チーム医療」が主流となるなか、医歯薬系が揃った広島大学なら、学生時代から幅広い知識とネットワークが得られると考えたからです。実際、キャンパスは多様な人材に溢れ、周囲から常に良い刺激を受けています。最初はぼんやりと「歯科衛生士になりたい」と考えていた私ですが、最近では地域包括支援や訪問治療などの重要性を知り、地域と連携した口腔保健活動にも興味を抱くようになりました。

石丸 奈由さん(口腔保健学専攻 3年次生(令和3年度))

習得した知識や技術を活用できる様々な実習

歯科衛生士は歯科医院で診療の補助をするだけではなく、歯科疾患を予防するための処置や保健指導も行います。本専攻で学んでいく中で、予防歯科の重要性をさらに強く感じるとともに、科学的根拠に基づいて知識や技術を得ることができる環境を誇りに思っています。実習でそれらを活用する機会も多くあり、毎回新発見があって楽しいです。さらに、1年次から多職種連携に触れ、チーム医療をより身近に感じられることも魅力の一つです。私は、口腔の健康から全身の健康も守り、患者さんの一生をサポートする、そんな歯科衛生士を目指しています。


up