Voices from OB & OG

(「広島大学で何が学べるか2020」から転載)

自分のやりたいことが、ここにある大学

広島大学病院 研修医
廣瀬 佳和さん
平成30年3月 医学部卒業

人体を学ぶことに興味を持ち、それを活かして患者さんを助けたい想いから医師を志しました。昨今の細分化して複雑となった医療現場では、医師だけでは解決が難しい問題が多く、多様な専門職が協力する“チーム医療”が欠かせません。広島大学は医歯薬学部が同じキャンパスに集まり、他職種を目指す学生間の交流が盛んであるため、互いの学びを共有できたことは医師となった現在も大きな助けになっています。また、4年次の研究実習や5年次の臨床実習では県外や海外での実習の機会があります。私は大阪大学で血液と骨髄を用いた再生医療の研究を行い、ドイツで血液内科や家庭医療の研修を約1カ月間行う機会をいただきました。興味があることにアクセスしやすい環境は、魅力的だと感じています。ぜひ広島大学で、自分の可能性に挑戦してみてください。

附属病院に勤務し、看護師のあり方を学ぶ日々

中学生の頃から看護師になりたいと思い、広島大学に入学しました。卒業後、看護師として4年間、大学病院の小児科病棟で働き、医療知識や技術はもちろん、患者である子どもを取り巻くさまざまな問題や病気の子どもを持つ家族の葛藤や苦悩、そして人間の生死に直面する看護師のあり方を学んできました。これからも、少しでも子どもたちや家族の不安・負担を軽減できる看護を心がけ、病院内の最も身近な存在として信頼される看護師でありたいと考えています。広島大学は多くのことを学べる大学です。看護師を志す人には、ぜひ本学を目指してほしいと思っています。

広島大学病院 看護師
岡谷 柚希さん
平成25年3月 医学部卒業

臨床から基礎研究まで幅広く学ぶことで、これからの医療に貢献したい

広島大学大学院 医歯薬保健学研究科
医歯薬学専攻医学講座(総合診療医学)
4年次生 小林 知貴さん
平成23年3月 医学部卒業

高齢化が進み複数の健康問題を抱える患者が増える中、患者一人ひとりに対するマネジメントの重要性を感じ、幅広く健康問題に対応できる医師を志したことが医学部に入学したきっかけでした。現在は、家庭医療専門医として診療所や病院で勤務するかたわら、昨年より大学院に進学し肝胆道系疾患の臨床研究や基礎研究を行っています。医学にはまだまだ解明されていない未知の領域が多く、日常診療で生じた疑問を、研究を通して解明することでこれからの医療に貢献したいと考えています。広島大学ではトップレベルの教育研究が行われ、多くの専門分野を学ぶことができます。
ぜひ、みなさんも本学で共に学び、未来へ貢献しましょう。
 


up