概要

教育理念

医学・医療、保健、福祉の実践者にふさわしい豊かな人間性と幅広い教養を身につけ、専門職となるための基礎的知識、技能、態度を習得し、さらには科学的思考力と創造性に富み、地域の医療にも関心が深く、かつ国際性豊かな人材を育成することを共通の理念としています。

求める学生像

医学部では、広島大学医学部医学科、保健学科の各専攻で学ぶことを強く願い、人と関わり、人の健康のために学び、働く人となる意欲を持ち、各学科・専攻で行われる専門教育を修了するための学力と適性を備えた人を求めています。

2つの学科で構成した学部で、医学・医療、保健・福祉の専門職にふさわしい専門知識・技能、人間性、教養を培います。

医学部には、医学科と保健学科の2つの学科があります。医学科は医師の養成を、保健学科は看護師・理学療法士・作業療法士の養成を目的としています。つまり広島大学医学部は、医療の領域全体をカバーする高度専門職・医療人や研究者の養成機関なのです。各学科では、効率的に知識・技能を修得できる教育プログラムを展開。また、チーム医療を担う医療人育成に向けて医学部・薬学部合同の早期体験実習なども取り入れています。

医学科

医療現場のリーダーにふさわしい知識・技術・人間性を着実に身につける

6年間という長期にわたって学ぶ医学科の目標は、医師として社会に貢献できる人材の育成です。そのためにまず、広範な医学的知識を系統的に修得し、さまざまな症状を的確に分析、評価して問題を取り除く技能を身につけます。加えて、医学・医療の研究に取り組む柔軟な発想・創造性を養い、医療に関わる行政や法制度も学習します。さらに、国際化・情報化に対応した語学力、豊かな人間性と幅広い教養を身につけるために、多様な学問や文化に触れ、医師としてとるべき態度を涵養します。

保健学科

科学的思考能力と倫理観を備えた保健・医療の専門職を目指す

■看護学専攻
看護師は人の生死に向き合う職業です。人間性と教養を基盤に、専門知識・技術を学び、豊富な臨地実習も取り入れたカリキュラム編成と学習環境を用意しています。
■理学療法学専攻
身体に障害をもった人や体力の低下した人に、心身両面から機能・能力の回復を図るのが理学療法です。知識・技術の修得に加えて短期・長期の臨床実習で現場に学び、確かな実力を養います。
■作業療法学専攻
作業療法学は日常生活作業を治療手段とする実践の学問。作業が心身に与える影響や作業の意義などの基礎を学習し、同時に、さまざまな障害に対応した援助や指導法なども幅広く学びます。


up