白菊会

献体の意義

「いつも健康でありたい」ということは多くの人々の願いです。 しかし、私達は時には病気になり、医者にかかることがあります。その時、私達は体のすべてを医者に預けることになります。

医学や歯学の教育を受ける学生たちにとって、人体の構造を知ることは絶対に必要なことです。それには、解剖学実習で、実際に人体を解剖し、自分の目で確かめながら学習することが必要であります。さらに、高度な医療技術を習得し、発展させるためには、実際の臨床の場面を想定しつつ、複雑で精緻な人体を用いた教育・研究が必要になります。

「百聞は一見にしかず」と申しますが、いくら写真を見、本を読んでも実習に勝るものはありません。自分の死後、遺体を解剖学実習のため献体することは、このような意味から良い医者を作り出すためにまことに尊い意義あることであります。しかも献体は、自分の意志と遺族または身内の同意により無条件・無報酬という善意で行うことでありますから、社会に対しても大きな貢献と言えます。広島大学白菊会は、こうした善意の方々により、昭和38年に結成されました。

白菊会は、報いられることを求めず、ただ医学のお役に立つならばという純粋な気持ちの人々の集まりです。従って会員だからといって特典も恩恵もありません。

ひとり身だからといった理由や迷惑をかけたくない、葬儀をしたくない、費用がない、墓守がいないから献体をすると言った理由は、献体の主旨とは相違しております。大学で、御遺骨をお預かりすることもしておりません。

入会(献体登録)について

広島大学白菊会への入会をご希望の方(本人)は、下記広島大学白菊会事務局へお問い合わせいただきますようお願いいたします。「献体のしおり」及び「広島大学白菊会入会申込書」をご自宅へ郵送いたします。

※入会申込書は、本人の自署・押印、同意者としてご親族(子ども、兄妹姉妹、甥、姪、孫、いとこなど)の同意の署名・捺印が必要となっております。親戚の方を含め、家族の中で一人でも反対をされている場合は、献体をお受けすることはできません。

お問い合わせ先

〒734-8553 広島市南区霞1丁目2番3号
 広島大学白菊会
 TEL:082-257-5095
 土曜日・日曜日・祝日・夏季一斉休暇日・年末年始(12月29日~1月3日)及び勤務時間外(17時15分~翌朝8時30分)は管理当直者が担当いたします。


up