沿革

沿革(年表)

◆昭和20年2月
 広島県立医学専門学校(広島市皆実町)及び附属医院(広島市水主町)の設立が認可された。

◆昭和20年3月
 広島県立医学専門学校を開校した。

◆昭和20年4月
 広島県立広島病院を附属医院として移管される。

◆昭和20年8月
 空襲激化のため、高田郡小田村高林坊寺院に疎開、翌日原子爆弾により校舎及び附属医院が全焼した。

◆昭和20年12月
 学校、附属医院を広島県賀茂郡安浦町旧安浦海兵団跡に移転した。

◆昭和21年11月
 呉市より本校附属医院として呉市立市民病院及び呉市立呉病院の委譲が決定した。

◆昭和22年2月
 ○呉市立市民病院(呉市公園通)及び呉市立呉病院(呉市阿賀町原)を本校附属医院として県営に移管した。
 ○呉市立市民病院を附属医院本院とした。
 ○呉市立呉病院を附属医院阿賀分院とした。
 ○呉市より医科大学昇格後の校舎として、旧海軍徴用工員宿舎(呉市二河町)の委譲を受け、本校を呉市二河町に移転した。

◆昭和22年6月
 広島県立医科大学設立許可及び予科開設が認可された。

◆昭和22年11月
 ○本校を附属医院阿賀分院(呉市阿賀町原)内に移転した。
 ○呉市警固屋町に附属医院音戸分院開設。

◆昭和23年2月
 元海軍共済病院阿賀分院(呉市阿賀町小倉新開)の移管を受け、本部事務部及び基礎医学教室を移転した。

◆昭和23年3月
 ○広島県立医科大学の開設が認可された。
 ○附属医院本院を呉市広町広共済病院跡に移転し、呉市公園通本院跡を二河分院とした。

◆昭和23年4月
 広島県立医科大学(旧制)開学、同附属医院となった。

◆昭和25年12月
 附属医院二河分院閉鎖。

◆昭和26年3月
 広島県立医科大学予科閉鎖。

◆昭和27年2月
 ○附属医院を附属病院と改称した。
 ○広島医科大学(新制)の設置が認可された。

◆昭和27年3月
 広島県立医学専門学校閉校。

◆昭和27年4月
 広島医科大学(新制)開学、同附属病院となった。

◆昭和28年8月
 ○広島大学医学部設置。
 ○広島医科大学(新制)は、年次移管により広島大学(医学部)に合併されることになった。
 ○8講座(解剖学第一・第二、生理学、生化学、薬理学、病理学第一・第二、細菌学)を移管した。

◆昭和29年4月
 6講座(衛生学、法医学、内科学第一・第二、外科学第一・第二)を移管し、計14講座となった。

◆昭和30年4月
 ○医学部医学進学課程設置。
 ○3講座(神経精神医学、小児科学、産科婦人科学)を移管し、計17講座となった。

◆昭和31年3月
 広島医科大学(新制)は、国立移管完了のため廃止された。

◆昭和31年4月
 ○4講座(整形外科学、皮膚泌尿器科学、眼科学、耳鼻咽喉科学)を移管し、計21講座となった。
 ○附属病院(本院、阿賀分院、音戸分院)が国に移管されて、広島大学医学部附属病院となった。
  (内科(第一)、内科(第二)、神経精神科、小児科、外科(第一)、外科(第二)、整形外科、皮膚泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科、放射線科、歯科の13診療科)。
 ○附属看護学校設置。

◆昭和31年11月
 附属病院音戸分院廃止。

◆昭和32年2月
 医学部事務部及び基礎医学教室の広島市霞町(現在地)への移転を完了した。

◆昭和32年4月
 ○医学科に放射線医学講座を増設。計22講座となった。
 ○附属病院分院(呉市)を設置した。

◆昭和32年9月
 ○臨床医学教室及び医学部附属病院を広島市霞町(現在地)に移転した。
 ○阿賀分院廃止。

◆昭和32年10月
 医学部附属病院を広島市霞町(現在地)に、同分院を呉市広町に開設した。

◆昭和33年4月
 医学部附属原子放射能基礎医学研究施設設置。

◆昭和33年8月
 医学科に生理学第二講座を増設。生理学講座を生理学第一講座と改称し、計23講座となった。

◆昭和34年4月
 大学院医学研究科設置。

◆昭和35年4月
 医学科に公衆衛生学講座を増設。計24講座となった。

◆昭和36年3月
 広島県立医科大学(旧制)廃止。

◆昭和36年4月
 ○原爆放射能医学研究所が設置され、これに伴い附属原子放射能基礎医学研究施設を廃止した。
 ○診療科に内科(原爆放射能医学研究所)設置。

◆昭和37年4月
 ○アメリカ政府の資金援助による新病棟の使用を開始した。
 ○医学部附属病院呉分院は、本院に統合のため廃止した。
 ○診療科に外科(原爆放射能医学研究所)設置。

◆昭和38年4月
 医学部学生定員20名増。1学年当たり学生定員60名となった。

◆昭和39年4月
 ○皮膚泌尿器科学講座を皮膚科学講座、泌尿器科学講座に分離設置。計25講座となった。
 ○診療科の皮膚泌尿器科を分離し、皮膚科及び泌尿器科設置。
 ○附属病院事務部に管理課及び業務課が設置された。

◆昭和40年4月
 附属病院中央診療施設に検査部及び手術部設置。

◆昭和41年1月
 中央診療棟の使用を開始した。

◆昭和41年4月
 ○60Co照射室の使用を開始した。
 ○医学部学生定員20名増。1学年当たり学生定員80名となった。
 ○医学科に麻酔学講座を増設。計26講座となった。

◆昭和41年5月
 新病棟(増設)及び看護婦宿舎の使用を開始した。

◆昭和42年4月
 広島大学附属図書館医学部分館は、広島大学附属図書館医学分館となった。

◆昭和42年6月
 ○医学科に寄生虫学講座を増設。計27講座となった。
 ○診療科に麻酔科及び中央診療施設に材料部設置。

◆昭和42年9月
 歯科が廃止された。(歯学部附属病院設置のため。)

◆昭和43年3月
 東病棟(8階建)の使用を開始。これに伴い新病棟を西病棟と改称した。

◆昭和43年4月
 医学部学生定員20名増。1学年当たり学生定員100名となった。

◆昭和44年4月
 医学部薬学科設置(学生定員40名)。

◆昭和45年4月
 薬学科に薬化学講座、生理化学講座、生薬学講座を設置した。

◆昭和46年4月
 薬学科に衛生化学講座、薬品化学講座を増設、計5講座となった。

◆昭和46年5月
 附属病院高エネルギー照射室及びRIセンターの使用を開始した。

◆昭和46年7月
 附属病院中央診療施設輸血部の業務を開始した。(院内措置)

◆昭和47年4月
 薬学科に薬物学講座、薬剤学講座を増設。計7講座となった。

◆昭和48年4月
 ○大学院薬学研究科薬学専攻(修士課程)設置(学生定員14名)。
 ○医学科に内科学第三講座を増設。計28講座となった。
 ○附属病院中央診療施設理学療法部の業務を開始した。
 ○(院内措置)診療科に第三内科設置。

◆昭和49年4月
 ○医学科学生定員20名増。1学年当たり学生定員120名となった。
 ○医学科に脳神経外科学講座を増設。計29講座となった。
 ○診療科に脳神経外科設置。

◆昭和50年4月
 医学科に生化学第二講座を増設。生化学講座を生化学第一講座と改称し、計30講座となった。

◆昭和50年10月
 附属病院中央診療施設に放射線部設置。

◆昭和51年4月
 附属病院事務部の改組に伴い総務課、管理課及び医事課となった。

◆昭和51年5月
 附属病院に看護部設置。

◆昭和52年4月
 薬学科を総合薬学科に改組。活性構造化学講座、薬品資源学講座、薬品分析化学講座、社会薬学講座及び薬効解析科学講座の5講座を設置した(学生定員60名)。

◆昭和53年4月
 ○附属病院の外来棟、第一中央診療棟の使用を開始した。
 ○附属病院中央診療施設に輸血部設置総合薬学科に医療薬剤学講座を増設。計6講座となった。

◆昭和54年10月
 附属病院中央診療施設に救急部設置。

◆昭和55年4月
 ○附属薬用植物園設置。
 ○附属病院中央診療施設に病理部設置。

◆昭和57年4月
 大学院医学研究科及び薬学研究科を医学系研究科に改め、分子薬学系、生命薬学系専攻を増設した。

◆昭和58年4月
 附属病院中央診療施設に集中治療部設置。

◆昭和60年4月
 医学科に臨床検査医学講座を増設。計31講座となった。

◆昭和63年4月
 附属動物実験施設設置。

◆昭和63年4月 附属病院中央診療施設に総合診療部設置。

◆平成元年4月
 医学科学生定員20名減。1学年当たり学生定員100名となった。

◆平成元年5月
 医学部及び附属病院事務部を統合し、医学部事務部(総務課、管理課、学務課、医事課)に改組した。

◆平成2年4月
 附属病院MRI-CT装置棟の使用を開始した。

◆平成2年6月
 ○麻酔学講座を麻酔・蘇生学講座に名称変更した。
 ○診療科の麻酔科を麻酔科蘇生科に名称変更した。

◆平成3年10月
 附属病院医療情報部の業務を開始した。(院内措置)

◆平成4年4月
 ○医学部保健学科設置(学生定員看護学専攻60名、理学療法学専攻30名、作業療法学専攻30名)。医学部保健学科に基礎理学療法学講座、運動・代謝障害理学療法学講座を設置した。
 ○附属看護学校学生募集停止。
 ○医事課栄養管理室の業務を開始した。(院内措置)

◆平成5年4月
 医学部保健学科に健康科学・基礎看護学講座、臨床看護学講座、地域・老人看護学講座、基礎作業療法学講座、身体・精神神経障害作業療法学講座を増設し、計7講座となった。

◆平成6年3月
 附属看護学校廃止。

◆平成6年4月
 附属病院中央診療施設分娩部の業務を開始した。(院内措置)

◆平成6年6月
 ○医事課栄養管理室設置。
 ○附属病院中央診療施設にリハビリテーション部設置、理学療法部を廃止した。

◆平成6年8月
 附属病院は特定機能病院と称することが承認された。

◆平成8年4月
 大学院医学系研究科保健学専攻(修士課程)設置(学生定員34名)。

◆平成8年5月
 ○医学科に救急医学講座を増設。計32講座となった。
 ○附属病院中央診療施設に医療情報部設置。

◆平成9年4月
 ○寄生虫学講座を免疫学・寄生虫学講座に名称変更した。
 ○附属病院中央診療施設に周産母子センター設置、分娩部を廃止した。
 ○管理課に霞地区再開発推進事務室設置。
 ○附属病院中央診療施設霞地区再開発推進室の業務を開始した。(院内措置)

◆平成9年12月
 附属病院中央診療施設エイズ医療対策室の業務を開始した。(院内措置)

◆平成10年4月
 ○大学院医学系研究科保健学専攻(博士課程)設置(学生定員17名)。
 ○附属病院中央診療施設に光学医療診療部設置。

◆平成11年4月
 ○附属病院病棟新営工事着工。
 ○大学院医学系研究科臨床薬学系専攻(博士課程前期)設置(学生定員16名)。

◆平成11年10月
 広島大学情報メディア教育研究霞センターを医学部内に設置。

◆平成12年3月
 新医学資料館開館

◆平成12年4月
 ○附属病院中央診療施設に血液浄化療法部設置。
 ○附属病院中央診療施設治験管理センターの業務を開始した。(院内措置)

◆平成12年9月
 危機管理室設置。(院内措置)

◆平成13年4月
 ○リスクマネージメント専門官配置。
 ○大学院医学系研究科臨床薬学系専攻(博士課程後期)設置(学生定員7名)。
 ○医療社会福祉部設置。(院内措置)

◆平成14年4月
 ○大学院医学系研究科(保健学専攻を除く)及び歯学研究科を改組し、大学院医歯薬学総合研究科を設置(3専攻、9大講座)(学生定員M43名、D115名)
  (創生医科学専攻:探索医科学講座、病態探究医科学講座、先進医療開発科学講座)
  (展開医科学専攻:病態情報医科学講座、病態制御医科学講座、顎口腔頚部医科学講座、病態薬物治療講座)
  (薬学専攻:創薬科学講座、医療薬学講座)。
 ○大学院医歯薬学総合研究科設置に伴い、大学院医学系研究科保健学専攻を大学院保健学研究科保健学専攻に改称した。
 ○大学院医歯薬学総合研究科設置に伴い、医学部医学科及び総合薬学科の全講座を廃止し、医学科8学科目、総合薬学科5学科目を新設した。
 ○附属病院中央診療施設医療安全管理部の業務を開始した。(院内措置)

◆平成14年11月
 附属病院SPDセンターの業務を開始した。(院内措置)

◆平成15年1月
 ○附属病院入院棟開院。
 ○附属病院集中治療病棟部、先進治療病棟部及び総合治療病棟部の業務を開始した。(院内措置)
 ○附属病院病歴管理室の業務を開始した。(院内措置)

◆平成15年2月
 附属病院卒後臨床研修センターの業務を開始した。(院内措置)

◆平成15年4月
 ○附属病院臨床試験部設置、附属病院治験管理センターを廃止した。
 ○自然科学研究支援開発センター設置に伴い、医学部附属動物実験施設廃止。
 ○附属病院医療相談室の業務を開始した。(院内措置)
 ○附属病院遺伝子診療部の業務を開始した。(院内措置)

◆平成15年10月
 ○医学部附属病院と歯学部附属病院を統合し、広島大学医学部・歯学部附属病院となる。
  (医系総合診療科,歯系総合診療科、脳・神経・精神診療科、感覚器・頭頚部診療科、呼吸器診療科、循環器診療科、消化器診療科、内分泌代謝診療科、造血器診療科、皮膚・運動器診療科、泌尿・生殖器診 療科、放射線診療科、成育診療科、口腔健康発育歯科、口腔維持修復歯科、口腔再建外科の16診療科)。
 ○診療支援部を設置。
 ○医学部、歯学部及び原爆放射線医科学研究所の事務部を統合し、研究科等事務部と病院事務部に改組。
 ○中央診療施設口腔検査センターの業務を開始した。(院内措置)
 ○中央診療施設あんしん歯科治療室の業務を開始した。(院内措置)

◆平成16年4月
 ○国立大学法人広島大学となる。
 ○国立大学法人化に伴い、医学部に医学部長室を設置。
 ○大学院医歯薬学総合研究科医歯科学専攻(修士課程)設置(学生定員20名)。
 ○大学院保健学研究科を講座化した(1専攻、2大講座)(学生定員M34名、D17名)(保健学専攻:看護開発科学講座、心身機能生活制御科学講座)。
 ○大学院保健学研究科の講座化に伴い、医学部保健学科の全講座を廃止し、保健学科3学科目を新設した。

◆平成16年5月
 旧東病棟を改修し、究施設である霞総合研究棟が完成した。

◆平成16年6月
 ○霞情報教育室を設置。
 ○中央診療施設臨床実習教育研究センター設置。
 ○中央診療施設栄養管理部の業務を開始した。(院内措置)
 ○中央診療施設医療安全管理部に医療安全管理室及び感染管理室を設置。(院内措置)

◆平成17年2月
 日本医療機能評価機構から認定を受けた。

◆平成17年4月
 高度救命救急センター設置。救急部を廃止した。

◆平成17年6月
 地域連携室の設置に伴い、医療社会福祉部を廃止した。

◆平成17年10月
 医学部・歯学部附属医療人教育開発センター設置。

◆平成18年4月
 医学部・歯学部・薬学部附属医療人教育開発センター設置(薬学部設置に伴う名称変更)。

◆平成19年2月
 基礎・社会医学棟(旧基礎研究棟)の耐震改修工事が完成。

◆平成21年4月
 医学部医学科学生定員10名増。1学年当たり学生定員110名となった。

◆平成22年4月
 医学部医学科学生定員7名増。1学年当たり学生定員117名となった。

◆平成22年4月
 広島県との連携により、寄附講座(医学部地域医療システム学講座)を設置。

◆平成24年4月
 ○先端医療技術トレーニングセンターを設置。
 ○医学部附属医学教育センターの設置に伴い、医学部・歯学部・薬学部附属医療人教育開発センターを廃止した。

◆平成25年4月
 医学部医学科学生定員3名増。1学年当たり学生定員120名となった。

◆平成28年4月
 先端医療技術トレーニングセンターを廃止した。

※平成24年以降の大学院に関する事項は「大学院医歯薬保健学研究科」の沿革のページをご覧ください。


up