大型教育・研究プロジェクト等

実施期間 取組名称 代表者
2011~2013年度 高度医療専門職チーム力・臨床指導力の育成
~薬学部・保健学研究科の協働によるチーム医療共有~
大塚 英昭

 

文部科学省:専門的看護師・薬剤師等医療人材養成事業(2011~2013年度)

高度医療専門職チーム力・臨床指導力の育成~薬学部・保健学研究科の協働によるチーム医療共有~

【概要】
 我が国では、医師の業務を支える高度医療専門職間での有機的な連携教育の実施は少数であり、必ずしも成功していない現状にある。さらに、チーム医療の歴史は浅く、現場で働く医療専門職の多くは大学で体系的な教育を受けていない。また、現役の医療専門職における臨床研究能力、問題発見解決能力の不足も指摘されている。
 本取組では、既に地域医療の現場で活動している医療専門職を対象に、
1)学部生・大学院生の指導を通して自らも学び育つ「チーム医療共育プログラム」
2)臨床研究力・実践指導力を兼ね備えた専門職の高度化を目指す「チーム実践力育成プログラム」
を柱とする高度医療専門職教育を、薬学部と保健学研究科の実務家教員を中心とした指導チームが、地域実習施設と連携し、協働で実践する。

【目的】
 本取組では、現役の薬剤師や看護師・助産師が学部生・大学院生を対象として実施するチーム医療教育に指導者として加わる事により、臨床指導力を育成すると共に職種間相互理解を深める事を目指す。さらに、現場で発生している様々な課題を見出し解決するために、現役の薬剤師や看護師・助産師に体系的な臨床研究能力を身に付けさせる。これにより、職種間連携及び適切な業務分担による新しい自立的問題解決型医療を構築する。

【 年度計画ならびに実施体制 】
問い合わせ先

大学院医系科学研究科
治療薬効学 教授 小澤 孝一郎
TEL:082-257-5332


up